夜間に取引できるPTSはおすすめ!特徴を紹介

投稿日:

「株取引したくても仕事が日中忙しすぎてやれない!」

そう思ってる人はきっと多いでしょう。

日本株をやってる人は社会人が多いのに取引時間帯が9:00 - 15:00までと昼休み位しか取引できないのは不満でしかないですよね。

そんな時に使えるのがPTSです。

PTSを利用すれば取引時間帯関係なく、夜間でも株取引ができます。

今回はPTSについてお話しします。

スポンサーリンク

PTSとは?

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略で取引所を介さない私設取引システムの事を言います。

PTS対応証券会社

SBI証券
楽天証券
・松井証券

大きな特徴の一つに通常の取引時間帯以外の夜間の取引に対応しており、時間外に株価に影響を与える重大ニュースが発表されてもPTSで取引できるからタイミングを逃しません。

PTSの特徴

受付時間帯

デイタイム
セッション
ナイトタイム
セッション
SBI証券 8:20~16:00 17:00~23:59
楽天証券 8:00~16:00 17:00~23:59
松井証券 8:20~15:30 17:30~23:59

3社のPTSの時間帯を調べてみました。

一番時間帯が広いのが楽天証券ですね。

夜間帯の時間帯は長く、仕事を終えて、夕食とお風呂を終えた後でもゆっくり株価の値動きチェックできます。

また通常9:00から開始の所をデイタイムセッションでは楽天は8:00、それ以外は8:20から開始ですので通勤中に株の取引ができちゃうわけです。

しかし土日祝日の取引はPTSでも対応していません。

手数料

SBI証券:スタンダードプランの手数料より5%安い
楽天証券:変更なし
松井証券:以下ボックスレートが適用

1日の約定代金合計 手数料(税抜)
10万円まで 0円
30万円まで 300円
50万円まで 500円
100万円まで 1000円
200万円まで 2000円
100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超 100000円(上限)

手数料に関してはSBI証券が一番安く、松井証券がちょっと高い印象です。

取引時間帯を長くしてくれるPTSなら通常の手数料より高くなってもおかしくないのですが楽天証券は変わらず、SBI証券は寧ろ安くなると言う太っ腹です。

ですのでPTSは楽天証券とSBI証券に関しては利用して絶対損はないと言う事なんですね。

もちろんPTSは特に手続きせずとも最初から利用できるのでお得以外の言葉がでてきません。

PTSのデメリット

すべての銘柄に対応していない

PTSはSBIジャパンネクスト証券株式会社が指定する銘柄が対象ですべての商品に対して対応しているわけではありません。

取り扱い一覧を見てみると銘柄はデイ、ナイト共に3889銘柄に対応していました。

まぁ対応していない銘柄はそんなにはなさそうです。

注文方法は指値注文のみ

注文方法は指値注文のみで逆指値や成行注文に対応していません。

結構成行注文は初心者でも使いやすい注文方法だけにこれは痛いですね。

まぁ資金を余裕に持っておいて余裕を持った指値価格で注文をかけるのがベストでしょう。

信用取引に対応していません

PTSだからこそ株価の流れをつかみやすいからこそ信用取引が活かせるのですが残念ながら信用取引には対応していません。

通常の取引時間帯で対応するしかなさそうです。

まぁさすがにそこまで甘くはなかったですね。

最後に

PTSについてお話ししました。

注文方法が指値注文のみと通常の時間帯で行えるすべての機能が使えるわけではありませんが、夜も取引できるのは大きいですよね。

PTSのおかげで金曜日の夜にゆっくり株取引をしながら休日を迎えると言う至福の時間を味わえることでしょう。

-

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.