楽天証券を使ってみたメリット・デメリットを説明

更新日:

証券会社としては楽天って名前が入っていると言う事で何かと期待がありそうな楽天証券。

楽天会員で株をやるなら迷わず楽天証券一択だと思う事でしょう。

自分も楽天会員なので楽天証券を利用しているわけなのですが。

今回は楽天証券を利用して感じたメリットとデメリットをお話しします。

スポンサーリンク

楽天証券のメリット

投資信託を楽天ポイントで投資ができる

投資信託と言えば通常現金を口座に振り込んでその資金で取引をするものですが楽天証券ではポイントさえあれば現金を使わずポイントで投資ができます。

使いどころで困っていて楽天ポイントを貯めこんでる人は投資信託で使うのも手ですね。

楽天市場の買い物で貯まるポイントが上がる

楽天市場と言えば有名なネットショッピングですが楽天ポイント投資信託で500ポイント以上使うと楽天市場での買い物で楽天ポイントが+1倍たまるようになります。

楽天市場で貯めたポイントを楽天証券の投資信託で使い、それから楽天市場で+1倍に増えた状態で買いものしてポイントを貯め、また投信信託でポイント投資すると言うお得なサイクルができあがりますね。

楽天カード、楽天銀行を連携させると楽天ポイントが貯まる

楽天カードで投信積立が決済可能に!今後の投資はどうする?

こんばんわ。 今年、投資家にとっては衝撃的なニュースがありました。 なんと、2018/10/27より楽天カードで投信積立 ...

続きを見る

最近楽天証券は投信積立限定で楽天カード決済を対応させるようになりその決済からも楽天ポイントがたまるようになりました。

また楽天銀行と楽天証券を連携させる事でマネーブリッジと言うサービスが使え取引手数料の1%が楽天ポイントとして入ります。

あらゆる点から楽天ポイントが入るようになってますね。

楽天証券のデメリット

楽天会員ではない人では大きなメリットがない

楽天証券のメリットをまとめると楽天会員、楽天カード、楽天銀行に入ってナンボみたいなところがありますので楽天会員じゃない状態だと楽天証券の強みと言うのはあまりありません。

そうなると楽天証券を使うなら楽天会員、楽天カード、楽天銀行を登録しなければ意味がないのでその3つの登録もやらなきゃいけない所が面倒ではありますね。

外国株では為替手数料の安さでSBI証券に負けてますし、国内株でも時間外取引はありますがSBI証券の時間外取引の方が時間帯が広いので他社と比較すると厳しいです。

ポイント優遇するのは良いですが株取引として大切な時間外取引にはもっと時間帯を広げてほしいのが正直な感想です。

最後に

特徴を色々探ってみると投資信託を積立で買うのが最も楽天ポイントが効率よく貯まるようです。

楽天って本当楽天ポイントで人を釣るのがうまいなぁって思います。

楽天ポイントを沢山貯めたい、楽天をこよなく愛しつつ資産運用したい人には楽天証券は理に叶っているでしょう。

-

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.