指値注文と成行注文とは?時間外取引やNISAにも関係が!

株の注文方法は複数あります。

よく耳にする注文方法としては指値注文成行注文があります。

どちらにも特徴のある注文方法ですので大金を使用する株では是非覚えておきたい所です。

今回は指値注文と成行注文について特徴をお話しします。

スポンサーリンク

指値注文とは?

買い 指定した株価を下回ったら自動で買う
売り 指定した株価を上回ったら自動で売る

指値注文とは自分が指定した価格に株価が一致した瞬間に売買する注文方式です。

例えばAと言う株が1株1000円だったとします。

指値を使うと「株価が950円まで下がったら買う」「株価が1050円まであがったら売る」と言うやり方ができます。

指値注文ですぐ売買を行いたい場合、購入は現株価以上の価格を売却は現株価以下の価格にすればできます。

購入に限ってなんですが例えば1000円の株価を即買いの為、指値を1010円にした場合、所持金は1010円以上ないと決済できません。

例え決済時の株価が1000円だったとしても指値を1010円にした以上、1010円が口座にないと決済できないシステムになっている様です。

指値注文のデメリット

  • タイミングを逃す危険性
  • 購入時、指値額×数量の資金が必要

資金のデメリットは理解しておいた方が良いです。

例えば指値を1000円にしてその株を100本場合は例え今の価格が950円だろうが、500円だろうが口座に100000円以上なければ取引が実行できません。

原則、指値額を指定する前はそれで決済できる資金が口座にあるかをチェックしましょう。

また指値注文は予想を外して取引が行えなくなる可能性があります。

売る時に「1000円まで上がるだろう」と思って1000円指値注文しても株価が下がって1000円に到達しなければいつまでたっても売れません。

それで売却タイミングを逃して大損する危険性があります。

指値注文のメリット

  • 時間外取引に対応
  • 短時間の乱高下に強い

マネックスでは米国株、SBIや楽天証券では日本株の時間外取引ができるので注文方法が限られています。

時間外取引(PTS)では成行注文はできず指値注文のみが行えます。

時間外取引は決算日や優待日での決まった乱高下の時に利用しやすいので指値注文のやり方は慣れておくべきです。

また事前に指値価格で予約をしておけば短時間で乱高下が起きた場合に自動で売買が実行されます。

これによってタイミングを逃すことなく売買ができるのも指値注文のメリットでもあります。

成行注文とは?

成行注文とは価格を指定せずに現価格で売買する方式です。

取引ボタンをクリックするだけでそのまま取引ができるので非常にシンプルな注文になります。

昔は外国株で成行注文ができない証券会社が多くて不便でしたが今では外国株でも成行注文があるので活用してます。

成行注文のデメリット

  • 証券会社によっては手数料が高い
  • 時間指定の注文ができない

成行は指値より使いやすい分、証券会社によっては手数料が高くなるケースがあります。

SBI証券の米国株では指値注文より成行注文の方が手数料が高いです。

成行は時間外で注文した場合、翌営業日の取引開始時間に実行されますが、時間指定の注文ができません。

その為、すぐに取引が実行できる環境じゃないとやや使いにくいのが欠点です。

成行注文のメリット

なんと言っても取引が簡単な事です。

銘柄を選び、数量を決めて注文するだけで取引できるので何も難しい事はありません。

自販機でお金入れて飲み物を選んで押すのと同じ感覚です。

とてもシンプルで素早く実行できますので取引タイミングを逃しません。

今すぐ取引を実行したい時は成り行き注文がおすすです。

スポンサーリンク


成行注文と指値注文の使い分け

成行注文が有効なパターン 指値注文が有効なパターン
・取引で難しい操作をしたくない
・すぐ取引できる環境下にある
・時間外取引を行いたい
・手数料を抑えたい
・NISAをすぐに使いたい
・値動きが予測できる

あまり難しく考えずにシンプルなやり方で使い分けるのがおすすめです。

取引が自信がなければ成行注文の方が取引しやすいですし、自分にとって効率的なやり方を決めているなら指値注文も絡めて利用するのが良いでしょう。

この中でもNISAを使う場合の注文方法が一番のポイントです。

実はNISAと時間外取引はかなり相性が良く、12月の下旬に翌年のNISAの利用枠が増えて、利用できるわけなんですがすぐ利用する人が多いのでそのタイミングは株価が上がりやすいです。

株価が上がるタイミングを逃さない為に指値注文と時間外取引を利用して通常の取引開始の時間前に買えば安く株を買う事ができるのです。

NISAを使う時は時間外取引の指値注文、それ以外は成行注文と覚えて取引するのが一番やりやすいですね。

最後に

指値注文と成行注文は大きな違いはなさそうに見えて結構それぞれに特徴があります。

株と言うのは何か一つ油断するだけで後々響いていきます。

そうならない為に注文方法をしっかりと覚えていき、より良い株取引していただければ幸いです。

-

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5