その他の投資・副業

【2020年版】おススメの副業と投資をランキングしてみました

副業解禁の企業が増え色んな副業が注目されるようになりました。

小遣い稼ぎから本業以上の収益を狙える副業と幅広いです。

自分も会社員時代小遣い稼ぎで副業は色々とやってきましたよ。

そこで今回はおススメの副業と投資をランキングしてみました。

スポンサーリンク

ランキングの判定基準

判定基準は

  • リスク
  • リターン
  • 資金コスト
  • 労働コスト

4つで5段階評価で見てみたいと思います。

評価が高いほどよく、低いほど悪くなります。

ランキング発表

1位:高配当イギリス株(ADR)

リスク:
リターン:
資金コスト:
労働コスト:

外国株の中でも高配当銘柄が多いイギリス株(ADR)が副業として最もやりやすいと感じました。

高配当イギリス株(ADR)の利点

  • ドルで取引できる
  • 配当利回りが高い
  • イギリスなら外国税(10%)がかからない
  • 現金配当で使い道が広い

高配当投資は基本的に投資したら放置すればいいので時間がない人におすすめです。

ADRはアメリカの証券会社経由で他国の株を買う事ができるので為替コストの低いドルで取引できることに特徴があります。

またおススメ銘柄が多く

  • ロイヤル・ダッチ・シェル
  • グラクソスミスライン
  • BP
  • HSBC
  • ブリティッシュアメリカンタバコ

これらの銘柄は配当利回りが年5%前後と長期保有にはもってこいです。

外国株は還元がすべて配当金でもらえますので商品券や食事券の日本株の株主優待より使い勝手が断然に良いです。

外国株は日本株の様に100株単位の購入ではなく1株から購入できるので資金が少なくても売買ができます。

デメリットとしては日本株以上に情報が少ない事ですね。

また為替コストも考慮しなきゃいけないので外国株に強い銀行口座、証券口座の作成が必要です。

おススメは銀行口座は住信SBIネット銀行、証券口座はSBI証券です。

2位:株主優待株

リスク:
リターン:
資金コスト:
労働コスト:

日本株の魅力の一つが株主優待です。

株は通常配当金には税金がかかるのですが株主優待には税金がかかりません。

吉野家、ビックカメラ、ヤマダ電機と言った優待利回りが4%超えの銘柄がゴロゴロとしていて優待内容も商品券や食事券と言った私生活で使いやすい内容です。

優待内容が良心的な銘柄を持っておけばたとえ株価が下がっても株主優待で補えますのでリスクもそれほど高くはありません。

長期保有する事で優待を貰いつつ株価も上がっていって正に一石二鳥です。

しかし優待を受け取る条件として100株以上保有する銘柄が多いので1銘柄10~20万程の資金が必要です。

比較対象はADRですが株主優待は使い道が限られたり、優待券とかは有効期限がありますので「すぐ使わなきゃいけない」と言う束縛があるのがやや息苦しいかもですね。

 

3位:アフィリエイト

リスク:
リターン:
資金コスト:
労働コスト:

脱サラに拍車をかけるアフィリエイトを3位にしました。

ここ最近googleのアルゴリズムアップデート等でアフィリエイトはオワコンなんて言われてますがまだまだ稼げるビジネスです。

アフィリエイトの利点

  • 低資金で始めれる
  • 好きな時間に作業ができる
  • 成功すれば月10万、100万も可能
  • 誰でもできる

株だと株の知識がないと失敗につながるリスクがありますがアフィリエイトは知識がなくても全然できます。

ブログを作って有益な情報を書いて広告を貼っておき、後はコツコツとアクセスをあげていけば収益へとつながっていきます。

ただし収益化するのに最低1年以上の年月がかかるのと誰でもできる反面、オンラインサロンの勧誘や情報商材の売付など詐欺に近い事が横行しているのでリスクの星を-1にして4にしました。

4位:動画配信

リスク:
リターン:
資金コスト:
労働コスト:

おすすめの配信先

  • Youtube
  • Twitch
  • LINE LIVE

動画配信と聞くとYoutubeをイメージされますがYoutube以外でもTwitchやLINE LIVEで配信して稼ぐ事ができます。

収益方法は広告収入がメインですがライブ配信では投げ銭で稼ぐ事もできます。

YoutubeやTwitchでは収益化にも条件がありますのですぐには稼げません。

しかし動画は今や勉強とかでも手軽に見れるコンテンツとなってきますので配信し続けていけば見てくれる人は必ずいます。

根気よく配信し続けていけば収益条件まで到達して稼げるようになるでしょう。

5位:ビットコイン


リスク:
リターン:
資金コスト:
労働コスト:

危険な香り漂うビットコインが5位になりました。

正直リスクの塊で副業としてはお勧めできないかもしれません。

しかし仮想通貨ではなくビットコインだけをお勧めにしたのには理由があります。

自分が使っているFreeBitcoinと言うビットコインを掘れるフォーセットサイトがあるのですが0.0003BTC以上預けると毎日ビットコインを増やすことができます。

その利回りは年4.08%と中々高いのでビットコインが暴落した時にはFreeBitcoinに預け続けて、ビットコインを増やして高くなった時に売る事でリスクを減らすことができます。

仮想通貨はビットコイン以外にリップルやビットコインCASHと言ったものがありますが手数料が高いのとビットコイン以上にハイリスキーなのでビットコインへの投資がおススメです。

最後に

実際資金があるかないかでランキングが変わってくるわけなんですがやっぱ少ない稼働もしくは何もせずに自動で収益化させるのが一番大事です。

その為にも株主優待、配当金やアフィリエイト収益でコツコツ稼いでいくのがおススメです。

副業という事で確定申告はくれぐれも怠けないようちゃんとやっておきましょう。

-その他の投資・副業

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5