キャッシュレス

d払いの特徴について調べてみました

現代での支払い方法はクレジットカードや電子マネー払いだけでなくd払いというものもあります。

d払いなんて言葉は今まで自分は全然知りませんでした。

つい最近、dポイントカードがあったなんて知ったわけですから多分d払いもそれに似たサービスなんじゃないかと思ってます。

今回はd払いとは何か?というのと特徴についてお話しします。

スポンサーリンク

d払いとは?

d払いがドコモが2018年4月より開始したQRコードの決済サービスです。

スマートフォンからQRコードを表示させて決済させるのでキャッシュレスです。

今話題になってるPayPayLinePayと似たサービスですね。

ドコモユーザーじゃなくてもd払いを利用する事ができます。

利用方法

利用方法をd払いアプリをダウンロードします。

dアカウントを入力を求められますので持ってる人は入力し、持ってない人はdアカウントを新規に発行します。

ログインをしたらクレジットカードを登録して利用する事ができます。

登録クレジットカードは

  • Visa
  • Mastercard
  • dカード

の3つです。

JCBやアメリカンエキスプレスには対応してないので注意しましょう。

ちなみにドコモユーザーのdアカウントならクレジットカードの登録は不要です。

対応店

対応店一覧:https://www.nttdocomo.co.jp/utility/term/index.html

対応店はPayPayよりやや少ない位ですがネットショップに対応しているのがでかいです。

有名店ではメルカリ、Yahoo!ショッピング、Amazon(ドコモユーザーのみ)にも対応しています。

ネットショップは本当利用頻度があるのでありがたいです。

還元率

還元率は200円に付dポイントが1ポイントもらえます。

実質0.5%の還元率ですね。

登録クレジットカード側にもポイント還元がありますのでクレジット払いより確実に+0.5%多く還元される事になります。

まぁこの辺はPayPayでも同じことが言えますね。

ただ、クレジットカード登録できるQRコード決済がPayPayと楽天Pay位なので利用価値はあります。

dポイントでも使える店は多いので貯めて損はありません。

最後に

d払いの特徴についてお話ししました。

調べてみると残念な事に登録クレジットカードが不要な点以外ドコモユーザーの恩恵はあまり見られませんでした。

またPayPayの対応店やキャンペーンの力が膨大であまり勝てる要素は見当たらなかったです。

しかもPayPayは2019年6月からネットショップで対応するようなのでますますd払いが陰に隠れる結果になってくると思います。

-キャッシュレス

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.