キャッシュレス

イオンカードセレクトは税金払いに有利か?特徴をまとめました

クレジットカードの中ではもつべきカードがあります。

その中の一つがイオンカードセレクトになります。

イオングループ店で少しでも利用する機会があればぜひ持つべきカードです。

今回はイオンカードセレクトを実際に使った体験をもとにイオンカードセレクトのメリット、デメリットをお話しします。

スポンサーリンク

イオンカードセレクトとの特徴

イオンカードセレクトはイオン銀行が発行するクレジットカードです。

通常のイオンカードとは異なりイオンカードセレクトを発行すると合わせてイオン銀行も口座開設されます。

年会費・入会費無料でWAON機能も付いてるのでクレジットカードだけにとどまらない万能型カードです。

WAON発行手数料がかからない

通常WAONカードは作ると発行手数料が300円かかります。

WAONは200円の買い物につき1WAONPOINTたまるので元を取るには60000円以上の買い物をしなければいけません。

さすがにイオンでそこまで買い物できるかというと微妙です。

しかしイオンカードセレクトではWAONカード機能がついている上に発行手数料は無料です。

WAON一体型なので1枚でクレジットカードとWAON両方使えるのがとても便利です。

イオンカード会員限定のハガキが来る

月一で月初なんですけどイオンカード会員限定のハガキが来ます。

内容は割引特典のパスポートになるのですが5%以上割引してくれる内容が多いです。

そして有効期限は大体月末でハガキは月初に来るので1ヶ月間あります。

しかし一度利用すると利用日以降は効力が切れてしまいます。

実質5%引きになるお客様感謝デーを1日だけ好きな日入れられると考えればよいでしょう。

オートチャージでWAONポイントが貯まる

イオンカードセレクトのみWAONを自動でチャージできるオートチャージ機能があります。

いつもならWAONをチャージする時はイオン銀行かWAONステーションで都度手続きを取らなくちゃいけなくて面倒です。

しかしオートチャージ機能なら指定した金額がしまわった時、指定の金額にチャージをやってくれるので手間いらずです。

さらにオートチャージした金額200円毎に1WAONポイントが手に入ります。

WAON利用で0.5%、オートチャージで0.5%で計1%のポイント還元がイオンカードセレクトのみでできてしまうわけです。

引き落とし先がイオン銀行に限定される

普通のクレジットカードなら引き落とし先の口座を指定できるのですがイオンカードセレクトの引き落とし先はイオン銀行限定になります。

またオートチャージの引き落とし先もイオン銀行だけになります。

その為、イオン銀行を全く使わないとしてもクレジットカードやオートチャージ機能を使う以上、最低限イオン銀行に入金しておかなければなりません。

正直このデメリットは不便でイオン銀行は他銀行宛の振り込み手数料の無料回数が他のネット銀行よりやや条件が厳しいのでメイン銀行にしにくいです。

クレジットのポイント還元率が0.5%

これはイオンカード共通なんですがクレジットカード払いした時のポイントは200円に付き1ときめきポイントがもらえます。

1ときめきポイントは1円の価値なので還元率0.5%と低いです。

ときめきポイントの交換先はオリジナル商品、WAON、WAONPOINTのみで交換先の幅が狭いのもデメリットですね。

しかしイオングループの店で使うと還元率が倍になります。

イオンカードとの違い

違い イオンカードセレクト イオンカード
引落し口座の指定先 イオン銀行のみ 口座を自由に指定できる
WAONのクレジットチャージ チャージできて200円毎に1WAONPOINTが付く チャージはできるがポイントは入らない
こんな人におすすめ WAONで税金払いをしたい イオン銀行以外の引き落とし先を指定したい

イオンカードセレクトとイオンカードは別物で名前が似ている所から紛らわしいですよね。

そこで違いを表にしてみました。

違いは2点だけで引き落としの指定先とWAONのクレジットチャージでポイントが付くかどうかです。

ぶっちゃけWAONで税金払いをしたいという目的がなければイオンカードの方が引落し先口座に縛りが無い為、イオンカードの方が使いやすいです。

KyashやPayPayと言ったイオンカードセレクトを上回る高還元の支払方法があるし、お客様感謝デーではイオンカードを使えばいいので使用機会があまりないのが現状です。

イオンカードセレクトの有効な使い方

  • イオンのお客様感謝デーでクレジット払い
  • イオン・マックスバリュのカード提示でWAONPOINTを貯める
  • ミニストップで税金をWAON払いしてクレジットチャージWAONPOINTを貯める

イオンカードセレクトはクレジットカードとしての還元率は高くないので利用範囲は限られています。

赤字がイオンカードセレクトのみできる事です。

やはり税金払いをしてクレジットチャージで間接的にポイントを貯めれるのはお得ですね。

しかもオートチャージができるからいちいちチャージする必要が無いので手間いらずです。

赤字以外の利用法はイオンカードでもできますが元々安いイオンやマックスバリュで更に大きく割引ができるので節約には欠かせません。

最後に

イオンカードセレクトの特徴をまとめましたがWAONが使いやすくなるのが非常に大きいです。

イオン自体、安い商品がかなり多いのでWAONをたくさん使ってオートチャージでポイントをガンガン貯めることができます。

クレジット機能はあまり魅力的ではありませんが月一の割引のハガキが来るのとWAONPOINTが貯めやすいのでイオンカードの中ではかなり有能かと思います。

オートチャージで税金払いに有利!

イオンカードセレクト

-キャッシュレス

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.