電子マネー

LINE Payはキャンペーンがなきゃ使い道がない!

更新日:

【2019/3/15~31まで】Line Payで20%還元が入る春のpayトク祭は条件が緩いのでぜひ利用すべし!

今はやりの20%還元キャンペーン。 今回は新たにLine Payでも始まりました。 キャンペーンの名前は「春のpayトク ...

続きを見る

2019/3/31までやってたキャンペーン「春の Payトク祭」が終わりLINE Payの利用価値に疑問が出てきました。

現金払いよりお得なのは確かです。

しかし他の電子マネーやクレジットカードと比較になるわけですが正直使い道はありません。

今回はLINE Payの特徴を調べた上でなぜ使い道が無いかお話しします。

スポンサーリンク

LINE Payとは?

LINEアプリを利用したモバイル送金・決済サービスです。

サービスの運営は、LINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社によっておこなわれています。

LINE Payの特徴

利用店舗

加盟店URL:https://line.me/ja/pay/merchant

QUICPay利用可能店舗URL:https://www.quicpay.jp/shoplist/

加盟店を見てみると利用店舗はそこそこ多く、更にQUICPayにも対応しているのでイオンやマクドナルドと言った電子マネー決済ができる店ではLinePayも使えると思っていいでしょう。

現金出金が可能!

電子マネーの中では珍しく現金出金が可能でLINE Payの設定から「出金」を選び金額を入力する事で後は銀行かATMを利用して現金を引き出せます。

手数料として出金金額関係なく1回の出金につき216円かかってしまいますが結構電子マネーが現金に戻ってくれればいいのにと思った事は何回か自分あったのでこれは嬉しい機能です。

注意ポイント

・本人確認をしないと出金機能は使えません。

マイカラーと言う還元システム

LINEPayにはマイカラーと言う還元率のシステムがあり、月にLinePayをいくら使ったかによってバッジカラーが判定されます。

判定タイミング月末までの1ヶ月分の実績を集計し、毎月1日に当月のカラーを判定します。

一番高いのが還元率2%のグリーンで一番低いのが0.5%のホワイトです。

最低でも0.5%の還元率はあるので現金払いより得なのかは確かですね。

また2018年8月1日~2019年7月31日の1年間は、LINE Pay マイカラープログラムにおいて、コード決済を行うとLINEポイント還元率が+3%になるキャンペーンがあります。

QRコード決済する事が条件になりますがホワイトでは3%となり、グリーンなら5%還元です。

使い道がない理由

特徴を見るとかなり使い道があるように見えますが一番のデメリットはクレジットチャージができない事です。

電子マネーとクレジットチャージは切っても切れない関係で他の電子マネーではクレジットチャージができるのになぜかLINEPayはできません。

これによって比較対象が電子マネーだけじゃなくクレジットカードとも比べなきゃいけません。

比較対象の中でもプリペイドカード「Kyash」が非常に還元率が高く、Yahoo!カードもしくは楽天カードと組み合わせれば無条件で3%のポイント還元が入ります。

こうなるとキャンペーンを過ぎた2019年7月31日以降はLINEPayの勝ち目がありません。

マイカラープログラムも月10万も利用しないとグリーンにならない他、グリーンの一つ下のブルーでは1%も下がってしまうのでどうしてもKyashの方が使い勝手がいいのです。

最後に

LINE Payの特徴と使い道がない理由をお話ししました。

ぶっちゃけキャンペーン目当てで作ったようなものですよね。

Kyashの存在さえ知らなければまぁまぁ使える電子マネーですがもう少しマイカラープログラムは条件を和らげてほしいです。

グリーンで月10万はハードルが高すぎるので月3万位にしてくれるといいんですけどね。

-電子マネー

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.