電子マネー

WAONは使いやすいのか?本音を語る!

更新日:

よくイオンやマックスバリュに行くのですがよく「ワオン!」と言う決済音を耳にします。

あの決済音は電子マネーWAONの利用した事を意味しています。

自分もイオンカードセレクトを使っていてWAONを使う事があります。

今回はWAONは使える電子マネーかどうかについて本音を語ります。

スポンサーリンク

WAONとは?

WAONとはイオンが提供している電子マネーです。

WAONカードもしくはWAON一体型のクレジットカードで利用ができ、チャージをした後にタッチして電子決済をする事ができます。

WAONで払うとポイントがたまるのが特徴です。

WAONの特徴

WAONの特徴としては下記があげられます。

・WAONカードの発行料は300円
・WAON一体型のクレジットカードなら発行料無料
・支払い時、200円に付き1WAONPOINTが貯まる
・お客様感謝デーにWAON提示で5%OFFが適用
・WAONの上限は50000円まで(1回のチャージは最大49000円まで)

相性の良いWAONカード

WAONカード単体だと発行料300円がかかるので発行料がかからないWAON一体型のクレジットカードを作ると良いです。

相性のいいクレジットカードはイオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトでは引き落とし先口座がイオン銀行だけにだけになりますがオートチャージ機能があり、チャージされるとチャージ金額200円毎に1WAONPOINTが貯まる優れものです。

WAONの支払いのポイントとオートチャージのポイントを併せれば200円に付き2ポイントになります。

通常支払い時しかポイントがつかないので支払金額が200円単位になる様、意識しなければいけませんがチャージでもポイントがつけば支払い時の損は軽減できますね。

イオンカードセレクトの登録はこちら>>イオンカードセレクト<<

使ってみて正直に思ったこと

WAONの一番の魅力はイオンのお客様感謝デーが適用できることです。

お客様感謝デーの適用はイオンマークのクレジットカード、WAONカード、イオンオーナーズカードを提示した時になります。

この5%OFFの為にWAONカードは作る価値はありますね。

イオン自体安い店ですのでお客様感謝デーじゃなくても行く機会はあります。

またイオングループ店でWAONカードを提示すると買い物額200円に付き1WAONポイントがもらえます。

簡単に言えばポイントカードの様にイオングループ店ならWAONカード提示でポイントがもらえるわけです。

このやり方を活用してWAONカード提示後、クレジットカードもしくは他の電子マネーで決済して二重でポイントを貰うやり方ができます。

ただこの二つぐらいしかWAONのうまみってないんですよね。

電子マネーの還元率で言えばApplePayのSuicaの方が断然高い(還元率3%)ですのでAEONグループ以外での利用は正直あまりありません。

結局イオンカードセレクトでも支払いとオートチャージで還元率1%ですから並のクレジットカードの還元率と同じですね。

一応税金の支払いも使えるんですがミニストップ限定で支払可能額は最大5万円ですので同じくセブンイレブンで税金が払えるnanacoと比べるとコンビニの店舗数と支払い可能額でちょっと部が悪いです。

結論

結論としてはイオングループ店の利用かミニストップで税金払いを行う人にとってはWAONは作っておいて損はないです。

利用店舗数はSuicaとそんな変わりないのであくまでイオングループで使う為の電子マネーどまりと言うのが正直な印象です。

-電子マネー

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.