電子マネー

交通系電子マネーSuicaの特徴とおススメの使い方

投稿日:

Suicaと言えば電車やバスと交通機関に強い電子マネーのイメージがあります。

しかし対応店舗をどんどん拡大させていってもはや交通系電子マネーじゃなく万能型電子マネーに進化してます。

今回はSuicaの特徴とおススメの使い方についてお話しします。

スポンサーリンク

Suicaとは?

JR東日本が発行したICカードで鉄道、バス、一部の店舗で利用が可能な電子マネーです。

ICカードリーダーにSuicaをタッチする事で必要金額を精算してくれます。

改札機でタッチすれば改札が自動で開き、とにかく手軽です。

Suicaの種類

Suicaカード

Suicaの中では最も使われている種類かと思います。

カード型で定期券とSuicaが両方使えます。

作り方はSuicaエリア内にあるみどりの窓口かJR東日本の駅の多機能券売機で作ります。

発行手数料として預り金500円をSuicaにチャージします。

クレジット一体型Suicaカード

クレジットの種類

・ビュースイカカード
・ビックカメラSuicaカード
・イオンSuicaカード
・ルミネカード
・JRE CARD

クレジット一体型のSuicaは5種類あり、そのうちビックカメラSuicaカードとイオンSuicaカードには定期券機能がありません。

クレジット一体型ではSuicaのチャージをクレジットチャージができ、ポイントをもらえる大変お得なカードです。

チャージ方法は駅にあるATM「VIEW ALTTE」かチャージ用端末「FeliCaポート/パソリ」を使ってチャージします。

チャージすればポイントがたまるという事でSuicaを使う人にはおすすめのカードです。

モバイルSuica

スマートフォン上でかざして利用できるSuicaがモバイルSuicaです。

アプリを起動して使うのでカードが不要になり、大変便利です。

チャージするクレジットカードを選ぶことができるのですがVisa、MasterCard、JCBならどのクレジットカードでもOKです。

年会費が1030円かかりますがApple Payか登録クレジットカードが「View」のついたカードなら年会費が無料になります。

Suicaの特徴

対応店が幅広い

Suicaが使える店一覧:https://www.jreast.co.jp/suicamoney/shopping/

電子マネーの中ではトップクラスの対応店の幅広さがあります。

電車、バスはもちろんの事、コンビニ、スーパー、飲食店、家電量販店、ドラックストア、自動販売機と幅広さが半端ないです。

クレジットカードが利用できない吉野家や松屋でも利用ができます。

ポイント還元率が高い

先ほど紹介したクレジット一体型SuicaカードではViewマークの付いたカードでクレジットチャージをすると1000円のチャージにつき15JREPOINTがもらえます。

JREPOINTは1ポイント1円の価値があるので還元率で言うと1.5%と非常に高い還元率です。

またJREPOINTはSuica残高にチャージする事もできます。

モバイルSuicaのクレジットチャージについてはブランド以外指定はないので高還元のクレジットカードを登録してチャージすればOKです。

おススメのクレジットカードは還元率1.5%の「P-one Wiz」です。

KyashはSuicaチャージのポイント付与対象外にされたので登録しても意味がありません。

おススメの使い方

やっぱりクレジットカードが使えない店、交通機関で利用するのが良いでしょう。

そうすると飲食店、電車、バスで使うのが効率がいいです。

カードの種類がありますが定期券を使う人ならビュー・スイカカード、それ以外の人はモバイルSuicaかビックカメラSuicaカードがおススメです。

このカードならクレジットチャージで1.5%は固いのでガツガツポイントが貯めれます。

最後に

Suicaの特徴とおススメの使い方について説明しました。

改札でタッチできる利便性があるので社会人になって会社へ電車通いする際に作る事になるでしょう。

私生活では欠かせない電子マネーになってきますのでクレジット型なりモバイルSuicaなり自分にあったSuicaを作ると良いでしょう。

-電子マネー

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.