その他の節約

VISA、MasterCard、JCBのそれぞれの違いは何だろうか?

更新日:

クレジットカードでよく見るブランドと言うと、

ポイント

・VISA
・MasterCard
・JCB

の3つじゃないかと思います。

でもこの3つの違いってよく分からないですよね。

今回はこの3つのブランドの違いについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

Visa

Visaは売り上げシェアが世界で一番高いカードで日本国内でも普及率が最もあり、非常に人気の高いカードです。

その為、日本国内でもVisaブランドを対応してる店は多いのですが海外でも使える店が多いのが特徴です。

デメリットはクレジットカードの種類によってはそのクレジットカード特有の機能が一部使えなかったりする点ですね。

例えば、Yahoo!JapanカードなんですがMastercardとJCBはTマネーをチャージしたり使ったりする事ができるのですがVisaだけは使えません。

その特有の機能が使えなくなって対応店が少なくなるよりかは対応店が多い方が良いですからね。

Visa1枚持っておけばOKと言う特徴が強いです。

MasterCard

Visaの次に使われているカードがMasterCardです。

昔は「マイナーマスター問題」なんてのがありましたが以降、特に問題は起こしてないようです。

Visa同様、対応店舗数は多いのですが海外対応ではVisaには叶いません。

大体MasterCardが使える店はVisaでも使えるのでVisaのデメリットであるクレジットカード特有の機能が一部使えない点をMaterCardで補うやり方が良いでしょう。

JCB

JCBは日本のクレジット会社で売り上げシェアが世界で5位の企業です。

近年、QuicPay、Apple Pay、LINE Payと言ったクレジット決済以外の決済ソリューションを色んな企業と提携して決済手段の幅を広めています。

確かにLINE PayのカードブランドはJCBだけですもんね。

日本のクレジットカードと言う事で国内で使える店は非常に多いです。

またJCBで契約する事でポイントやクオカードがもらえるなどJCBならではの特典が手厚いです。

その反面海外での対応店が少ないのがデメリットです。

最後に

VISA、MasterCard、JCBのそれぞれの違いについてお話ししました。

どれも似た感じかと思いきやブランド毎に特徴がありますね。

どれか1枚にしておくのではなく高還元のクレジットカードを3ブランド分持っておけば必要に応じて使い分けれるでしょう。

-その他の節約

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.