住宅・賃貸

独身が持ち家として買うのは長く住めるイメージさえ持てればOK

賃貸住まいの人からすると憧れるのが持ち家の購入。

しかし独身で持ち家を買うのは中々の勇気がいると思います。

一括購入ならそれなりの資金がかかりますし初期費用もかかってきます。

今回は独身が持ち家を持つことに関して考えを述べていきます。

スポンサーリンク

区分ワンルームの購入になる

独身なので基本的に一戸建ての購入はおススメしません。

「いつか嫁を貰って子供を作った時の為に今のうちに一戸建てを買うんだ!」と言う思考になりがちですが自分一人で決めるよりかは実際に嫁ができてから話し合って家を決めた方が合理的です。

なので買うとすればワンルーム区分の購入が安上がりでしょう。

区分ワンルームのメリット

価格の安さ

区分ワンルームという事で独身なら1R~1LDKで値段が安い所に特徴があります。

500万円もあれば都心は無理でも郊外なら立派な物件がみつかります。

物件価格さえ払い終わってしまえばもう賃料はかからないですからお得ですよね。

売却ができる

購入すると言う事はその物件が自分の物になる為、売る事もできます。

例えば、若いうちに区分ワンルームを買って下積みを重ねていきます。

そして年齢を重ねた後に結婚して子供ができ、マイホームを購入するタイミングで売却できればそれなりにお金が戻ってくるので売却のできない賃貸で賃料を払い続けるより大分お得ですよね。

区分ワンルームのデメリット

初期費用が高い

賃貸と違って物件購入では様々な初期費用が掛かってきます。

主にかかる初期費用

  • 不動産登記費用(登録免許税、司法書士報酬)
  • 各種税金(不動産取得税、印紙税)
  • ローン事務手数料
  • 火災保険料(地震保険料)
  • 仲介手数料(不動産業者を介す際)
  • 清算金(固定資産税・都市計画税、管理費・修繕積立金)

ローンを組むか組まないか、また購入価格にもよりますがざっと100万程の初期費用がかかるとかんがえてよいでしょう。

修理費等は自腹になる

例えば水回りやエアコンのトラブルなどは賃貸だと大家が負担してくれる場合がありますが購入となるとその部屋内で起こった故障等については全部自腹でどうにかしないといけません。

購入価格だけに目がいきがちですが長期で済む事を考えると修理費がかかる可能性も考慮した方が良いです。

ぶつけたりして壊れると言うのはなかったとしても日々使い続けて消耗していく物もありますからね。

引っ越ししにくくなる

一括購入だったらいいですけど買って1~2年位で引っ越すのはもったいないですよね。

初期費用やらかさんで早い段階で売却したとしても元はとれないですしざっと5~10年位はすまないと厳しいと思います。

やっぱローンを残した状態で次の賃貸や住宅購入は月々の返済を重たくしますのでローンがない状態で引っ越したいものです。

20代で5~10年住居するのがおすすめか

区分ワンルームの購入でおススメなのは

  • 年齢の若さ
  • 長期で住む

この2つがポイントになります。

独身をずっと貫くのであれば30代でも40代でもありですよ。

ただ自分の5年後や10年後はどうなってるかなんて予想がつかないもので、最初は購入してよかったとしても環境や思考の変化でやっぱり買わなきゃよかったと後悔することだってあるでしょう。

購入するのであれば自分がそこで長く住めるイメージが出るかどうかになると思います。

最後に

独身が持ち家を持つことについて考えを述べてみました。

結婚や子供の事を考えると中々手を出せないのもあるし引っ越ししにくいですよね。

しかし高卒や専門卒で社会人になった人は早い段階で貯蓄ができますので若いうちにワンルーム区分を買って数年後は賃料がかからない激安生活を送れそうです。

-住宅・賃貸

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5