時間の節約

セルフレジは時間短縮にならず?メリット・デメリットについて

存在感があり、見かけるとつい使いたくなるセルフレジ

最近、セルフレジが置かれてる店が増えてきています。

TSUTAYA、マックスバリュ、西友と言った有名店でも使われていますね。

しかし結論から言うとセルフレジはあまり時間短縮にはなりません。

それでも利用し続けてるのですが今回はセルフレジが時間短縮ならないの訳とそれでもなぜ自分が使い続けているのかをお話しします。

スポンサーリンク

セルフレジのデメリット

操作に慣れない

実際にやってみれば分かるのですがバーコードを読み込ませたり支払方法を選んだりと地味に時間がかかります。

セルフレジなんて頻繁に使うわけではないので中々慣れないですね。

通常のレジだと店員が素早くバーコードを読み取って精算してくれるので読み取りを素早くできるかに寄ってきます。

レジの経験がある人だとセルフレジでも早くできそうですね。

店によってはレジ袋がもらえない

セルフレジは店によってレジ袋がない時があります。

ある店とない店がありますね。

普通のレジではレジ袋をもらえるのでレジ袋が欲しい人は普通のレジに行くかセルフレジで店員を

セルフレジのメリット

セルフレジのメリットは人が混みにくい点にあります。

セルフレジの使い方が分からないのと使いにくいと感じてる人が多いのかセルフレジがあるのに普通のレジに行く人が多いです。

またセルフレジ機の台数は普通のレジ数と同じ数位設置されている店が多いです。

よってセルフレジで余程、使うのに時間がかかったりせず、普通のレジが異様に混んでた場合にはセルフレジを使う方が時間の節約になります。

それでもセルフレジを使う理由

先ほどの通常のレジが混んでた時に使うのも理由の一つなんですが自分は真新しい物を触ったり使ったりするのは好きなんです。

そうする事でセルフレジの使い方を覚えて1つ知恵が身につくのが楽しかったりします。

また自分のタイミングで精算ができるのも好きですね。

だからといってこれでレジを使うのが好きになってスーパーの店員になろうなんて思ったりはしません(笑)

セルフレジがある理由って店員の労働負担軽減の意味なんだろうけどあまり自分はそういう意識で使ったりはしないですね。

なぜセルフレジが使われるようになったのか?

利用者に使ってもらった方が早いからと言うより従業員の負担軽減の為ですね。

セルフレジが無いとレジは従業員やアルバイトがやることになり、混んでる時なんかは負担が大きくなっていきます。

従業員、アルバイトがやることはレジだけじゃなく商品の棚卸しとかもあります。

従業員側からしたらセルフレジが出てきてくれ助かってると思ってますよ。

セルフレジへの周りの声

出張中に妻がユニクロで買い物したらしく「セルフレジに洋服をポンといれたら金額出てくるのスゴくない?」と。 きっとICだろうとタグ見て発見。 こんなに薄く、紙の間に入ってるのね~
セルフレジでええのや セルフレジで………
田舎者なのでユニクロのセルフレジを使ったのですが、商品を置くだけで合計金額出て感動

セルフレジはスーパーに置いてあるのですがユニクロのセルフレジはかなりの好評みたいですね。

セルフレジで不便な想いするぐらいならもはや自動販売機でいいじゃんって思ってましたがセルフレジの進化は大きかったようです。

最後に

セルフレジでは混んだり商品を読み込ませたりとあまり時間の節約には繋がりません。

ですがカード払いの選択やお金やカードを取りだす時間で店員を待たせるプレッシャーがないので自分のやりやすいように精算できるメリットもあります。

通常のレジとセルフレジを上手く使い分けて、買い物を効率よく済ませれるようにしたいですね。

-時間の節約

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.