youtube配信

ゲーム実況動画の配信で使っている道具を紹介!

投稿日:

ゲーム実況動画はPC版のゲームしか配信していないのでPS4やNintendo Switchは買ったりしません。

しかしそのゲームを動かす為や動画を録画するのにはハイスペックなゲーミングPCが必要です。

今回はゲーム動画の配信で使っている道具を紹介します。

PC

スペック

OS:Windows10 home 64bit
CPU:Core i7 6700
メモリ:16GB
グラフィックボード:Nvidia Geforce GTX970
マザーボード:ASUS Z170 Pro
電源:500W
SSD:128GB
HDD:2TB×1、3TB×1

PCですが7年前に買ったドスパラのデスクトップPCからOS、CPU、メモリ、グラフィックボード、マザーボード、SSD、HDDを変えたものです。

ゲーム配信で特に重要なのがCPUとグラフィックボードです。

ゲームを録画したり編集するのに使う為、CPUとグラフィックボードは高性能のを使った方が良いでしょう。

とは言ってもCPUは4コアのcore i5かi7で十分ですし、グラフィックボードもFullHD(1080p)でゲームがサクサク動かせる程度のスペック(GTX1060位)であれば十分です。

ゲーミングPCはドスパラかG-tuneで買えて、今なら10~15万円程で買えるでしょう。






PCマイク

ゲームで実況するにはPC用マイクが必要です。

自分が使ってるのは上に掲載している2200円程のコンデンサーマイクです。

実際にこのPCマイクを使った実況動画を上げてます。

マイクは結構口元に近づけて実況しています。

安物のマイクですがちゃんと音声は出てますね。

マウスのクリック音も少し拾っちゃってるんでゲームプレイ中のコントローラーのガチャガチャ音は結構聞こえちゃうでしょうね。

そこまで気にするなら数万円するコンデンサーマイクを買うと良いでしょう。

ゲームコントローラー

PCゲームをプレイする為のコントローラーはXbox360のコントローラーを使ってます。

昔はゲーム機専用ハードでしか出さなかったゲームも今はPCにも販売してるソフトが増えました。

その中でもXbox360コントローラーのボタン配置に準しているゲームが多いのです。

その為、コントローラーを使ったゲーム実況をするならXbox360のコントローラーがおススメです。

最後に

ゲーム実況の配信の為に使ってる道具を紹介しました。

PCの値段が高いもののスペックが高いおかげで色んなゲームが高画質でやれますし動画編集ももたつきません。

マイクもコントローラーもそれほどしないのでPCゲームだけで実況するならPS4やNintendo Switchを買う必要が無い点は結構経済的なんじゃないでしょうか。

-youtube配信

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.