アフィリエイト

note(ノート)は収益化できるけど自分はまだやらない、その理由とは?

更新日:

ブログ業も色んな収益の取り方があります。

一般的には

  • Googleアドセンス
  • 物販アフィリエイト
  • 成約型アフィリエイト

の3つがブログでの収益の取り方かと思います。

しかしブログと言うのは不思議なもので上記3つ以外にも収益化する方法はたくさんあります。

その中の一つ2017年位から頭角を現したのがnote(ノート)です。

自分はそういう新しいものに食いつく人間ですがnoteは収益化としては利用する気は今の所ありません。

今回はnoteをやらない理由をお話しします。

スポンサーリンク

noteとは?

noteとは2014年以降に開始されたサービス文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿する新しいタイプのウェブサービスです。

今から5年前に開始されたサービスで息は長いようです。

新しいタイプという事ですが投稿すると言う意味ではブログとほぼ似ていますがnoteならではの独自の特徴があります。

noteの特徴

カテゴリーごとに記事を探せる

noteでは公式サイトからカテゴリーや検索機能からピンポイントで探したい記事を見つけることができます。

他のブログサービスだと細かくジャンル化されているわけでも無いので記事の探しやすさには定評があります。

タグ検索やおすすめなんかもあり、自分がまだ出会えてない新しい発見をできる可能性を秘めています。

探しやすいという事はアクセス数は稼ぎやすいんじゃないかと思っています。

記事を有料化できる

noteの一番の目玉機能ですね。

noteではお金を払う事で記事をみれる有料noteと言うのがあります。

皆が見たくてたまらない内容を有料化すればブログとはまた別に収益化を狙えるわけです。

有料記事の相場は500円前後と中々良心的な価格だと思います。

作った記事がどれほど有益な情報なのか、そしてその記事に見合った金額を設定する思考が肝になってきそうです。

kanekazu
あまり高すぎると誰も買わないですもんね

自分がnoteをやらない理由

noteの利用価値はやはり有料記事を購入してもらう事による収益化ですよね。

いつもならアドセンスやAmazonアソシエイトに頼った収益化なので今までとは全く違った収益モデルになるわけです。

ただ、記事の質が良くても有料noteを買ってもらうのは正直厳しいと思ってます。

なぜかと個人の知名度と実績が無いといけないからです。

例えば、全く無名の社会人が「面接の受かり方」という有料noteを出して売れると思います?

まず「お前誰だよ!?」ってなりますし「面接の受かり方」なんていくらでも他の人が有料noteとして出しているわけですからよほどの面接マニアでもない限り売れないと考えます。

また実績面でも社会人だから面接は受かっているんだけれどどれ程の数を当たってどれだけ受かったか分からないですよね。

それだったら百発百中で面接に合格してきた大企業の面接官が有料noteにした「面接の受かり方」の方が信頼性があるし需要が高いと思います。

ポイント

  • 大企業の面接官(知名度)
  • 百発百中で面接に合格してきた(実績)

この2つのキーワードがミソですよね。

自分の場合、節約と収益化メインでブログ活動してるわけですがブロガー、投資家、節約家界隈として有名でもなく実績も節約位で他はまだまだなので有料noteを出した所で買ってくれる人なんているわけがないので今はまだやりません。

知名度と実績を十分に積み上げていってから初めて有料noteの利用価値が生まれてくるんだと思います。

最後に

noteを利用しない理由についてお話ししました。

知名度と実績を兼ねそろえないとnoteで収益化するのは難しいでしょう。

まずは自分が行っている本業で実績を作りつつ、SNS活動をやって知名度を上げてから改めてnoteで収益化するか検討するようにしましょう。

-アフィリエイト

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.