アフィリエイト

note(ノート)の特徴とは?収益分散化としておすすめ?

ブログ業も色んな収益の取り方があります。

一般的には

  • Googleアドセンス
  • 物販アフィリエイト
  • 成約型アフィリエイト

の3つがブログでの収益の取り方かと思います。

しかしブログと言うのは不思議なもので上記3つ以外にも収益化する方法はたくさんあります。

その中の一つ2017年位から頭角を現したのがnote(ノート)です。

noteとは2014年以降に開始されたサービス文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿する新しいタイプのウェブサービスです。

新しいタイプという事ですが投稿すると言う意味ではブログとほぼ似ていますがnoteならではの独自の特徴があります。

今回はnoteの特徴についてお話します。

スポンサーリンク

noteを利用する側の特徴

カテゴリーごとに記事を探せる

noteでは公式サイトからカテゴリーや検索機能からピンポイントで探したい記事を見つけることができます。

他のブログサービスだと細かくジャンル化されているわけでも無いので記事の探しやすさには定評があります。

タグ検索やおすすめなんかもあり、自分がまだ出会えてない新しい発見をできる可能性を秘めています。

探しやすいという事はアクセス数は稼ぎやすいんじゃないかと思っています。

ブログに記載のないお得情報が多い

noteではブログには掲載されないようなマル秘情報やリサーチするのに時間がかかるような情報が多いです。

そういった情報には有料情報になっている事が多いです。

もちろんその金額のリターンに全然なりうる情報がほとんどですが有料情報でも「そんなの普通に知っとるわ!」と思うような情報もありますので注が必要ですね。

noteで記事にする側の特徴

記事を有料化できる

noteの一番の目玉機能ですね。

noteではお金を払う事で記事をみれる有料noteと言うのがあります。

皆が見たくてたまらない内容を有料化すればブログとはまた別に収益化を狙えるわけです。

有料記事の相場は500円前後と中々良心的な価格だと思います。

作った記事がどれほど有益な情報なのか、そしてその記事に見合った金額を設定する思考が肝になってきそうです。

kazn
あまり高すぎると誰も買わないですもんね

Googleに依存されない

noteの記事は確かにGoogle検索でもヒットしますが利用者の大体はnoteのサイト内で検索をしたり、SNSから流入することもありますので記事の情報をより濃くさせてSNSの営業活動を積極的に行えば、Googleに頼らなくてもアクセスを増やせます。

収益形態が記事の購入になり、Googleアドセンスに頼る必要もありません。

Googleアドセンスだとポリシールールがあり、違反するとGoogleアカウントの停止にもつながりますがnoteなら気にする必要がないので収益の分散化にはかなりいいサイトですね。

noteの内容をローカルに保存する方法

無料のnote(ノート)でも有料に変えることができます。

よくSNSでも「無料期間は〇〇月〇〇日まで」と言った公開方法が多いです。

有料化されると買ってまで見たいと言う気は中々起こらなくなります。

「せめて有料化の前に無料ノートをファイルとして保存できれば…」

皆さんはこう思った事はありませんか?

実はあまり教えたくないのですが無料のノートをファイルとして保存する方法があります。

多分この方法がバレるとnote提供者は最初から有料にする可能性大です(笑)

それでは有料化前の無料noteをファイル化して保存する方法をお話しします。

PDF化する

WEB画面をPDF化すると言うのはあまりピンと来ないかもしれませんが印刷機能を使ってPDFファイル化する方法があります。

いちいちスクリーンショットを取ったりプリンターを用意して大量の紙に印刷する必要もありませんので資源に優しく時間もかかりません。

PDF化する方法はいくつかあるのですがその中でスタンダードなのは

  • Adobe Acrobat DC

を使った印刷方法です。

他にもGoogle Chromeがあれば印刷できますがPDFの表示にはどのみちAdobe Acrobat DCが必要です。

印刷手順

step
1
Adobe Acrobat DCのダウンロード

Adobe Acrobat DCの公式サイトから無料ダウンロードし、インストールします。

step
2
noteのページをPDF化する

1.PDF化したいnoteのページを開き、右クリックから印刷を選びます。

今回は例としてIEからgoogle画面をPDF化する手順で説明してます。
noteのページでもやり方は同じです。

2.印刷画面になりますのでPDF化には「Microsoft Print to PDF」を選択し、印刷ボタンを押します。

3.ファイルの保存画面に移ります。ファイル名を入力し、保存ボタンを押します。

4.保存したPDFを開き、印刷したWEB画面が表示されたら成功です。

ココに注意

WEB画面を印刷する事ができ、スクロールが必要な画面でもスクロール分、印刷できるのですがnoteページ内でスクロールが必要なページまでは全体印刷はしてくれないので注意しましょう。

どういう意味かというとスクロールでもWEB画面のスクロールとnote特有の記事内のスクロールがあるのですがnote特有の記事内のスクロールまでは画面に表示されてる分しか印刷されないという事です。

記事内のスクロール分については1コマ1コマスクロールしていってスクロールごとに印刷するしかありません。

ちょっと面倒くさいですが有料化になってお金を払うくらいなら地道に印刷した方が得策です。

いきなりnoteはおすすめしない!

noteの利用価値はやはり有料記事を購入してもらう事による収益化ですよね。

いつもならアドセンスやAmazonアソシエイトに頼った収益化なので今までとは全く違った収益モデルになるわけです。

ただ、記事の質が良くても有料noteを買ってもらうのは正直厳しいと思ってます。

なぜかと個人の知名度と実績が無いといけないからです。

例えば、全く無名の社会人が「面接の受かり方」という有料noteを出して売れると思います?

まず「お前誰だよ!?」ってなりますし「面接の受かり方」なんていくらでも他の人が有料noteとして出しているわけですからよほどの面接マニアでもない限り売れないと考えます。

また実績面でも社会人だから面接は受かっているんだけれどどれ程の数を当たってどれだけ受かったか分からないですよね。

それだったら百発百中で面接に合格してきた大企業の面接官が有料noteにした「面接の受かり方」の方が信頼性があるし需要が高いと思います。

ポイント

  • 大企業の面接官(知名度)
  • 百発百中で面接に合格してきた(実績)

この2つのキーワードがミソですよね。

自分の場合、節約と収益化メインでブログ活動してるわけですがブロガー、投資家、節約家界隈として有名でもなく実績も節約位で他はまだまだなので有料noteを出した所で買ってくれる人なんているわけがないので今はまだやりません。

知名度と実績を十分に積み上げていってから初めて有料noteの利用価値が生まれてくるんだと思います。

最後に

noteを利用しない理由についてお話ししました。

知名度と実績を兼ねそろえないとnoteで収益化するのは難しいでしょう。

まずは自分が行っている本業で実績を作りつつ、SNS活動をやって知名度を上げてから改めてnoteで収益化するか検討するようにしましょう。

-アフィリエイト

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5