投資用銀行

ネット銀行で節約?ネット銀行のメリットやデメリットやおすすめの銀行を紹介!

銀行口座はとりあえず作っておいてそのままにしてませんか?

銀行口座選びは重要でどこもさほど変わらないと思ってたら大間違いです。

個人的にはネット銀行を選ぶことをお勧めします。

今回はネット銀行のメリットやデメリットをお話しします。

スポンサーリンク

ネット銀行のデメリット

ID・パスワードを忘れると入れない

ネット銀行だけにネットを利用するのでログインID・パスワードは必要ですし、振り込みや引き出しでも別途暗証番号が必要になります。

インターネットで行う分、セキュリティ面が非常に厳しいのでパスワード要求や暗証番号要求がこまめにあります。

通常の銀行より覚えておく事が多いので忘れないようにしましょう。

実店舗がない

実店舗がないので聞きたい事はカスタマーセンターか問い合わせフォームにて連絡を取る形になります。

実店舗があれば面と向かって話せるのでそういう環境ならではわかりやすさがあるんですけどね。

今の所、ネット銀行を使って分からない所はないので大丈夫なんですが実店舗があった方が安心感があると言うのはありますね。

ネット銀行のメリット

入出金・振込手数料の安さ

一番頭を悩ませるのって入出金と振込、この二つの手数料なんですよね。

「なんでお金を引き出すのにも振り込むのにも手数料がかかるんだ!」と心外に思う人もいるでしょう。

その気持ちはわかります。私生活のなにからなにまで搾り取ってやろうと言う考えで嫌ですよね。

この二つの手数料ですが入出金手数料は大体平日の昼間から夕方位までが無料でそれ以外は108円や216円程かかったりすると思います。

振込手数料は他社宛が月1回目までは無料で2回目以降は300円位かかってしまいます。

自分は家賃を振り込むので月1回は必ず振り込みをやるのですが他の事でも振り込みをしなきゃいけない時がたま~にありまして手数料がかかるのはとても痛いです。

やっぱり月2回以上は他銀行宛の振込手数料は無料にしてもらいたいし、入出金手数料も時間帯関係なく無料にしてほしいものです。

そういう時こそネット銀行を使いましょう。

全てのネット銀行に限った話ではありませんが比較的実店舗を置く銀行と比較して手数料の安さと無料の回数は多いです。

各ネット銀行にはランクの様なシステムがあってランクが高いほど手数料が無料になる回数が増えます。

ランクアップの条件は口座に数百万円入れるだけでも上がる様なので結構緩いです。

ネット銀行では特に入会費や年会費は取られる事がないので安心して口座を作れます。

公共料金の口座振替指定でポイントが入る!

電気、ガス、水道と言った公共料金の支払いはクレジットカードで行う人が多いと思います。

実際、口座振替でも口座割で50円前後の割引が入るわけですがそれ以上の割引はありません。

自分はネット銀行でオン銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行と3つのネット銀行を所持してますがどのネット銀行でも公共料金の引き落とし先にする事で口座割にプラスで登録先口座からポイントがもらえるようになります。

ネット銀行以外での銀行ではポイント付与はやられていないのでネット銀行の方がお得ですね。

おすすめのネット銀行

楽天銀行

特徴

  • 振込手数料の安さ
  • 楽天スーパーポイントが手に入る
  • 楽天カード・楽天証券と相性が良い

楽天銀行では50万円以上残高があればATM利用手数料が月2回、他銀行宛の振込手数料が月2回、それぞれ無料になります。

楽天銀行の通常の振込手数料では他銀行宛で3万円以下で168円、3万円以上で262円がかかります。

262円は高く感じるかもしれませんがみずほ銀行では無料回数を過ぎると324円の振込手数料がかかります。

それを考えると楽天銀行の手数料は良心的です。

他にも楽天カードや公共料金の引き落とし先を楽天銀行にすることで楽天スーパーポイントがゲットできます。

楽天スーパーポイントはポイントの中でも使い道が多いです。

さらに楽天証券のマネーブリッジを利用することで楽天銀行の普通預金金利が年0.79%に上昇します。

このように楽天銀行は普通の銀行にない、お得な特典がいっぱいあるのです。

住信SBIネット銀行

特徴

  • 手数料が安い
  • 米ドルの為替手数料が安い
  • スマプロポイントが使いやすい

住信SBIネット銀行では30万円以上の残高があればATM利用手数料が月5回、他銀行宛の振込手数料が月3回、それぞれ無料になります。

無料回数が過ぎた場合でも手数料は152円とかなり安いです。

これ程の緩い条件で無料回数を増やしてくれるんですから他の銀行使ってる人から見たら太っ腹に見えるんじゃないでしょうか。

振込手数料が月2回無料になれればとりあえず銀行の取引で手数料を無駄にとられる心配はないでしょう。

米ドルの為替手数料も安く外貨預金をやったりSBI証券でFXや外国株取引する際にも使えます。

また引き落とし先や給料などの受取先指定でもらえるスマプロポイントは500ポイントまで貯めると現金として口座に入れることもできます。

現金に変換できるのは非常に優秀ですよね。

 

最後に

ネット銀行のメリットやデメリットをお話ししました。

手数料と言う点で単純に節約が出来ますし口座作成には印鑑が不要な点もおいしいです。

手数料が気になる人は是非ネット銀行の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

-投資用銀行

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.