その他の節約

楽天カード、楽天証券と相性のいい楽天銀行のお得な点に迫る!

更新日:

ネット銀行の中でも楽天銀行はよく聞くネット銀行かと思います。

楽天と言えば

・証券 → 楽天証券
・クレジットカード → 楽天カード
・ネットショッピング → 楽天市場

とお金や節約に関連している商品に手がげてます。

結構どれも知名度は高くて自分もよく利用しています。

そうすると楽天銀行もどんなものか期待が高いですよね。

そこで今回は楽天銀行がどういった利点があるのかをお話しします。

スポンサーリンク

ハッピープログラムでお得に!


楽天銀行には様々なお得な特典があるハッピープログラムがあります。

ハッピープログラムには5つのランクに分けられて条件を満たすと事でランクが決まり、ATM利用手数料の無料回数、振込手数料の無料回数、楽天スーパーポイントの付与倍率が変わってきます。

ここでさっそく楽天銀行の良さがあるのですが振込手数料を楽天スーパーポイントで支払えます。

普通の銀行なら振込手数料は口座内の現金から抜かれるますのでポイントで払えるのはすごい損した気分にはならないですよね。

ATM利用手数料の無料回数ではATM手数料の無料時間帯とは別の有料の時間帯での無料回数を差しますので、無料回数があれば手数料がかかる土日祝日なんかも気にせず入出金ができますね。

注意ポイント

・会員ステージは「毎月25日終了時点のお預かり資産残高」、または「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスのお取引件数」で決定します。
条件をクリアしている高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。

取引ごとに楽天スーパーポイントがつく

ハッピープログラムで楽天スーパーポイントの付与倍率と言う言葉がでてきました。

これは振込や引き落としなどで口座の取引1件につきポイントが入る様になります。

これも普通の銀行にはない事ですから楽天銀行ならではの強みですね。

おすすめの取引

・クレジットカードの引き落とし
・入出金
・振込
・給料振込
・公共料金の支払い

この辺ならわりかし取引しやすいんじゃないかと思います。

公共料金は口座振替すると口座割で少し安くなるのでお勧めです。

普通預金金利

普通預金金利

・通常時:0.015%
・マネーブリッジ利用者:0.079%
・楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に指定した場合:0.031%

通常の銀行の預金金利はせいぜい0.001%なんですが楽天銀行はネット銀行だけに普通預金金利は高いですね。

マネーブリッジと言うのは楽天銀行と楽天証券の両方の口座を持っている事で申し込めるサービスで金利が上がる以外にも銀行口座と証券口座間の自動入出金機能や楽天SPU対象になったりと特典が満載です。

楽天銀行のデメリット

デメリットはぶっちゃけないんですが唯一あるとしたら楽天カードや楽天証券に入っておくと更にお得になると言う楽天カード、楽天証券の作成を促せて来るのがデメリットですね。

それが悪い事ではありませんがなんでもかんでも楽天一色にさせると言うのがどうも視野が狭くなる気がして自分はあまりよく思わないですね。

kanekazu
セットでどんどんお得になるとかC社の某討伐ゲームの装備じゃあるまいし…(汗)

最後に

楽天口座のお得な点についてお話ししました。

シンプルに手数料の無料回数や普通金利の高さはありがたく更に取引ごとにポイントがつくと言う普通の銀行ではありえない利点があっていかに楽天銀行が優秀なのかが分かります。

楽天ポイント自体も使える店が多いのでまだ銀行口座を作ってない人には楽天銀行は是非お勧めします。

-その他の節約

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.