その他の節約

外貨の換金代を節約する簡単な方法を紹介!

海外旅行で現地の通貨は必要かと思いきやそうでもありません。

チップは現金払いなのでその分のお金だけ換金すればいいかと思っています。

今回は外貨の換金を節約する方法について紹介します。

スポンサーリンク

金券ショップで換金する

日本円からドルにはただで交換できるわけではありません。

交換する先に寄るのですが大体3%前後の手数料がかかります。

交換先 手数料率
国内金券ショップ 片道1~2%
羽田空港 片道3%前後
ミネアポリス国際空港 片道17%前後

自分は勉強不足でミネアポリスで交換したのですが偉い手数料の高さですね。

その時は3万円で両替したので往復で1万円位は手数料で損したのかと思います。

まぁ授業料だと思って次は気を付けていきたいですね。

あまり気が付きにくいのは金券ショップでも外貨に両替できることです。

その分、為替手数料は最も安いのであらかじめ使う金額が分かってる人は金券ショップを利用する事をお勧めします。

クレジットカードを使う

海外でもクレジットカードは対応しています。

日本の店でしか日本のクレジットカードは対応してない様に感じられますが余裕で使えますよ。

ブランド 手数料率
VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
JCB 1.60%
AMERICAN EXPRESS 2.00%
Diners Club 1.30%

海外で利用すると手数料がかかっちゃいますが手数料率だけ見れば空港や金券ショップよりも実質クレジットカードで決済した方が得だという事が分かります。

通常、日本円→ドルに換金したらドル→日本円に戻すので為替手数料が二重にかかります。

しかしクレジットカードなら換金関係なく決済できるので手数料を格段に抑えれます。

おすすめのクレジットカードはKyashとP-one wizです。

Kyashは海外手数料が3%もかかってしまいますが登録クレジットカードがYahoo!カードか楽天カードなら還元率3%なので実質手数料0%で決済されます。

お得ですね。

最後に

外貨の換金を節約する方法について紹介しました。

海外でも使えるクレジットカードはホント魔法のカードですね。

チップはさすがにクレジットカードでは決済できませんのでざっと10~20ドルだけ換金すればいいかと思います。

結構、ここの為替の所は意識していかないと自分みたいに換金で偉い手数料を持ってかれるので十分注意していきましょう。

-その他の節約

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.