その他の節約

ゲーミングPCの自作は通販より格安なのかガチで比較!

更新日:

ニンテンドースイッチやPS4を買うくらいならゲームもPCとして集約させたいと思った事ありませんか?

ぶっちゃけて言うとPCの方がスペックさえ高ければ断然グラフィックがよく、動きも滑らかなのです。

なによりゲーム機を置くスペースがなくなるのが良いですよね。

ただ気になるのは値段。

ニンテンドースイッチ、PS4でも4~5万円するのに対し、ゲーミングPCは安くても10万程はします。

でもPCはゲームするだけじゃなく、ブログを書いたり手軽にネットサーフィンを楽しめるので便利です。

さてPCは昔は自作するとコスパが良かったのですが今はドスパラ、マウスコンピュータがゲーミングPCを格安で販売しています。

今でも自作の方が安いのか比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

比較方法

今回はゲーミングPCとしてコスパの良い、G-tuneのGALLERIA RJ5と比較します。

自作はGALLERIA RJ5に近い性能でパーツを選んで比較します。

購入パーツ項目

  • PCケース
  • CPU
  • マザーボード
  • グラフィックボード
  • SSD
  • HDD
  • メモリ
  • OS
  • 光学式ドライブ
  • 電源

ドライブ、ディスプレイ、キーボード、マウス、スピーカーはGALLERIA RJ5もついてないので除外します。

【GALLERIA RJ5の購入はこちら】



比較結果

自作 GALLERIA RJ5
製品名 金額 金額
PCケース メルカリ 2,666円 100,418円
CPU AMD CPU Ryzen 5 2600 16,790円
マザーボード ASRock AMD B450M Pro4 8,661円
グラフィックボード Palit GeForce GTX 1060 6GB 24,980円
SSD Crucial SSD 240GB 3,580円
HDD Seagate BarraCuda 3.5 1TB 4,980円
メモリ Team DDR4 8GB×2 8,980円
OS Windows 10 64bit home DSP 15,446円
光学式ドライブ ASUS DVDドライブ 2,053円
電源 gazechimp 電源ユニット 500W 2,660円
合計 90,796円

結果として自作の方が同等スペックで通販より9,622円安く作れることが分かりました。

ディスプレイ、マウス、キーボードを買えば10万超えちゃいますが、それでもこのスペックでこの値段で買えるのはお得かと。

FHD(1920×1080)で高グラフィックスゲームをする前提で組んでみました。

今は4Kやらありますがまだ4K向けのパーツがものすごい高いですしFHDでも全然ゲームは楽しめますので。

PCケース、CPU、電源ユニットが安いのがでかいですね。

PCケースは無理に新品を買わなくても中古で十分です。

グラフィックボードはGTX 1060 6GBでも十分なのでスペックダウンさせた反面、メモリは16GBにしました。

多分GTX 1660のメモリ8GBよりはGTX 1060 6GBのメモリ16GBの方が快適なはず。

SSDはぶっちゃけ240GBも必要なくて128GBにすればもう少し安くできそうです。

最後に

ゲーミングPCの自作と通販の金額を比較しました。

一昔前のパーツでも現行と殆ど変わらないのに金額だけが下がっていておいしいです。

仮想通貨の影響でマイニングしようとグラフィックボードが一時期高騰していましたが今は大分落ち着いています。

ただ自作は慎重に行わなきゃいけない点がありますので自信がない人は経験者に協力して自作すると良いでしょう。












-その他の節約

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.