投資の考え方

リスクヘッジで株からビットコインへ流れる投資家が急増!その訳を迫る

なんだかんだで株が安定かと思っていたのですが2019年7月あたりからビットコインの投資が再加熱しています。

2019年8月3日時点では1BTC1145000円の値が付いています。

改めて投資家が他の投資からビットコインへ流れている動きがみられています。

今回はなぜビットコインへの投資に流れているのかその訳に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビットコインへ流れる理由

ここ最近色んなタイミングが重なりあってビットコインへ流れる結果となりました。

  • 米中貿易摩擦の再燃
  • ビットコインへのポジティブ情報
  • ビットコインが通貨として認められつつある

上記の3点がビットコインが買われる大きな理由です。

簡単に言えば「米中貿易摩擦で株価は上がらないし、ドル安だし株も為替も全然だめだな。それに比べビットコインはどんどん上がってるし偉い人がビットコインを信頼していてホント絶好調だな!」という事です。

今回はこの3点について詳細な情報を追っていきたいと思います。

米中貿易摩擦の再燃

始まりだしたのがいつだったか忘れてましたよ(汗)

いい加減収まる気はないのかよと言いたいぐらいです。

2019年8月2日に米国から中国へ追加関税を課すと表明しました。

この貿易摩擦は情報が新たに出れば株価が必ず下がると言うリーマンショック並に投資家を苦しめる悪材料ですよ。

円高の影響もあり、輸入、輸出問題で車企業のトヨタは計画発表から3カ月足らずで通期予想の下方修正を余儀なくされました。

4~6月期の世界販売は好調だったが、米中貿易摩擦の激化で世界経済の減速懸念が広がっており、先行きには暗雲が立ち込めています。

円高は日本にとっては円の価値が高まりよさそうに思えるのですが実はそうでもありません。

円高になれば例えば日本車を海外に輸出して売れたとしても海外の通貨を日本円に戻さないといけないですからね。

そこで為替の方で利益減っちゃいますから例えば1円でも円高に海外で1億売れたとしたら為替で100万円損する計算になります。

ホント、収束されるのはいつの日やら。先が見えないですね。

ビットコインへのポジティブ情報

米中貿易摩擦で株への投資が薄れていく中、リスクヘッジとしてビットコインへ投資している人が増えています。

この2019年6月~8月までのビットコインの価格上昇は著しいものがあり、有名投資家からはビットコインに対して絶賛の声を上げています。

ポジティブ情報

  • 米サークル社のジェレミー・アレールCEOはビットコインはこれからも成長し続けるという発言あり
  • CNBCのアメリカ経済番組「スクアック・ボックス」においてMCを務めるジョー・カーネン氏は、2020年5月にビットコインが5万5,000ドルになると予想

ここ最近ポジティブ情報しかなく、ネガティブ情報が殆ど出ていないのも大きいですね。

特にビットコインが流出したとか、偉い人が「ビットコインはダメだ!」とかそんな話は出ていません。

またビットコインは株と違って企業や管理者がいないので決算がありません。

その分、株の様に動きが読めない点がありますね。

ビットコインが通貨として認められつつある

現在通貨は180種類あります。

各国の通貨は世界中で使えるわけではなく各国の通貨に替えて利用しなければなりません。

しかしビットコインでは自国の通貨に変換する必要なく、店やサービスが対応さえしていれば世界中で使えます。

まだコンビニやスーパー等には対応していないので通貨としてはまだ使いにくいかもしれませんが1BTCに100万円以上の価値がついているのは期待が高い証拠でしょう。

ある意味181種類目の通貨と言っても過言ではありません。

今後ビットコインに必要な課題は

  • 対応店の拡大
  • 世界中の政府がビットコインを正式に通貨として利用価値がある事を認めてくれる事

これにつきますね。

コンビニに対応するだけでもいいのですがそれはいつの日になるのやら…

kazn
コンビニ対応する事を発表した途端一気に1BTC1000万まで行ったりして(笑)

株はオワコン?

仮想通貨に流れていて株がオワコンみたいな雰囲気になってきますが貿易摩擦さえ落ち着いてくれればいいんですけどね。

過去に貿易摩擦への警戒が解かれた時があり、その時は株価が全体的に一気に回復しました。

要するに貿易摩擦の静寂を期待して持っておくと良いですし、株では「上がった時に売って下がった時に買う」なんて言われますが正に貿易摩擦は株を購入するきっかけになるんですよね。

だから株はすべて売っぱらうのではなく、ビットコインに少しだけ移動させてリスクヘッジを取るのが良いでしょう。

株の方が投資としての歴史も長いので流出リスクのあるビットコインに比べたらはるかに安全ですからね。

こういったように株が駄目だからすべてビットコインに移すのではなく少しだけ移動させるのがミソです。

最後に

ビットコインへの投資に流れているのかその訳に迫りました。

事の大半は貿易摩擦によるものです。

貿易摩擦に影響しないビットコインは投資家にとって、いいリスク回避手段になりましたね。

自分も資金かき集めてビットコインを買ってみたいものです。

あわせて読みたい

-投資の考え方

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5