投資用語

リスクヘッジとは?投資での安全で効果的なリスクヘッジを考えた

 

投資をやっていると時々リスクヘッジと言う言葉を目にしませんか?

投資だけではなく日常生活でもリスクヘッジと言うのもあります。

リスクヘッジと言うのはいわばリスクを減らす為に投資先商品を複数投資し、起こりうるリスクを回避する手段の事を言います。

別名リスク分散やヘッジとも言いますね。

投資においてリスク回避と言うのは利益を出す為において必要な事で1番の近道ではないでしょうか。

今回は投資での安全で効果的なリスクヘッジについて考えてみました。

 

 

スポンサーリンク

リスクヘッジのメリット

リスクヘッジのメリットはなんと言ってもリスクを抑える点にあります。

「投資=ギャンブル」と言うイメージを打ち消してくれるのがリスクヘッジと言っても過言ではありません。

ギャンブルってなると確かに当たれば美味いですが負けたら一文無しになる危険すらあります。

そんな危険性を減らし少しでも投資を資産を増やす現実的な手段とするのです。

投資商品は負けた人のお金があって成り立っている商売ですのでいかに投資で負けない事が重要なのです。

また、リスクヘッジでは複数の投資商品を利用するので色んな投資商品に対して知識がつきます。

まとめ

  • リスクを減らす
  • 投資=ギャンブルと言うイメージをなくす
  • 投資で勝ちやすくなる

リスクヘッジのデメリット

リスクヘッジはリスクを減らす分、リターンも少なくなってしまうのがデメリットになります。

投資においてリスクとリターンは大小が比例します。

リスクが大きければリターンも大きく、リスクが小さければリターンも小さくなります。

例えば株でA銘柄を2つ買わずにリスクヘッジと言う事でA銘柄を1つB銘柄を1つ買うとします。

そうすれば確かにAの株価が下がったとしても2つ買うより損失は半分で済みますが、Aの株価が上がったら1つしか買ってないので収益も半分になります。

また色んな投資商品を知らないとリスクヘッジを取るのが難しいので知識が必要です。

株ならどの銘柄が上がりそうか経済のニュースを見たり過去の決算情報を調べて情報収集をやりますよね。

その為、リスクヘッジができるまでに時間がかかります。

わざわざリターンを減らしてまでリスクヘッジする必要性に疑問があるのも確かです。

まぁ大勝負を好む人や投資に時間をかけたくない人にはあまり縁のない手法ですね。

まとめ

  • リターンが少なくなる
  • リスクヘッジは覚えるまで時間がかかる

 

リスクヘッジの効果的な活用法

リスクが異なる物同士を組み合わせる

リスクヘッジの基本はリスクが似たもの同士を組み合わせるのではなく、異なる者同士を組み合わせます。

例えば株で言えば同じ業種の銘柄だけで集めるのではいけません。

NG例

  • 飲食業の日本株&飲食業の日本株
  • 銀行業の外国株&銀行業の外国株
  • A日本株&A日本株のADR

あえてリスク分散せずに1点の銘柄、業種に絞るのも手ですがその分、損失リスクが大きくなります。

自分ならこんな感じでリスク分散をします。

  • 飲食業の日本株&銀行業の日本株
  • 外国株&日本株
  • 通信業の外国株&医療業の外国株

銘柄だけではなく日本株に固執せず外国株と日本株を買ってそれぞれのいい点をあわせてリスクヘッジを取っていきます。

投資商品の分散を狙う

投資と言えば株と言うイメージがありますが株以外にも投資用商品は沢山あります。

  • 投資信託
  • iDeco
  • 債券
  • ETF
  • REIT
  • ソーシャルレンディング
  • FX
  • バイナリーオプション
  • 仮想通貨
  • 不動産投資

2018年からつみたてNISAが導入されたことで投資信託が過熱化してます。

やっぱ長期で少額からコツコツ投資していった方が家計に無理なく投資ができます。

また仮想通貨も億り人なんて言葉が生まれる位、一攫千金の夢がありますよね。

ただこれだけ投資商品が多いとどう分散していけば分からないと思います。

そこで自分が推奨するリスクヘッジ投資を紹介します。

主おすすめのリスクヘッジ

100万円で投資する場合

  • 高利回り日本株(10%)+高配当ADR(80%)+ビットコイン(10%)

今まで投資を行ってきた中でこれが一番自分の中でおすすめです。

まずこの3つ商品に共通している点が3つあります。

共通点

  • 長期保有向け
  • いつでも売却可能
  • 保有してるだけで還元がある

共通点があるとどれも同じような商品かと思われがちです。

しかし高利回り日本株は株価の安定性、ビットコインは価格上昇の期待、その中間をとっている高配当ADRでそれぞれに特徴があります。

基本的にほったらかし投資でやっているので長期保有スタイルながらもそれぞれの投資商品の利点を活かした資産運用をしています。

リスクヘッジと言うよりリスクを最小限に抑えた投資ですね。

ビットコインはリスクがでかいのですがFreebitco.inにビットコインを預けるだけで毎日ビットコインがもらえ、年間で預けた額の4.08%がもらえます。

日本株でも年4.08%の利回りは高い方でFreebitco.inは古くからあるフォーセットサイトなので優秀です。

最後に

今回は投資での安全で効果的なリスクヘッジについて考えてみました。

今はインターネットで株や仮想通貨が取引できるので幅広い投資商品を取引できるようなりました。

今の時代、昔の様に投資で儲ける事が難しくなっているのでいかにリスクヘッジを取ってコツコツと利益を取るスタイルが主流になっていくんじゃないでしょうか。

-投資用語

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5