仮想通貨

仮想通貨の取引所と販売所の違いは?手数料や注文方法に影響あり

仮想通貨を買う為に口座開設した後、いざ買おうとすると取引所販売所が出てくると思います。

どっちでも仮想通貨は買えますが手数料に差があるので適当に選んで売買を行うと損する事もあります。

今回は取引所と販売所は何が違うのかをお話しします。

 

スポンサーリンク

販売所と取引所の違い

スプレッド手数料

販売所 企業と個人で取引になりスプレッド手数料が高い。
取引所 個人と個人での取引になりスプレッド手数料が安い。

商品の売買で例えれば販売所が実店舗やAmazon、Yahoo!、楽天で売買するのに対し、取引所はメルカリで売買するような感じですね。

販売所と取引所の大きな違いは売買した時にかかってくるスプレッド手数料になります。

販売所の手数料は5~10%になりますが取引所では0.05~0.5%とかなり大きな差があります。

スプレッド手数料だけ見ると取引所の方が圧倒的に安いのが分かります。

例えば1コイン100万円のビットコインを買うとしたら販売所なら5~10万で、取引所なら500~5000円の手数料で済む計算になりますね。

どちらも値動きが激しくなるとスプレッド手数料の変化も変わってくるので買うタイミングを考えた方が良いでしょう。

 

売買の正確性

販売所 確実に売買できるので安全
取引所 失敗リスクがある

売買の正確面では企業で取引してる販売所の方が確実に取引できるので信頼性は高いです。

その反面、個人での取引では相手がプロかどうか分からないので注文がうまくいかなかったりとスムーズではないと言う懸念があります。

でも実際、自分は取引所でしか売買をしてないのですが取引が失敗したと言う経験は一度もありません。

失敗リスクがあると言ってもAmazonで取引が失敗する確率とメルカリで取引が失敗する確率の差ぐらいなんじゃないかと思います。

 

結論

  • 販売所で取引すれば確実ですが取引所でもめったに失敗はしない

取り扱い通貨

販売所 取り扱い通貨が多い。
取引所 ビットコイン以外の取り扱い通貨が少ない。

 

販売所で取り扱ってる通貨は多いのですが取引所は取り扱いは少ないです。

ビットコインの取引所は多いのですがビットコイン以外のアルトコインの取引所が少ないですね。

リップルやビットコインキャッシュと言ったアルトコインを安く買いたい時はどの口座が取引所でアルトコインを取り扱ってるか要チェックです。

ちなみにGMOコインだとアルトコインの取引所は

  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

の4つが取り扱っています。

アルトコインの取引所がある!


GMOインターネットグループの【GMOコイン】

スポンサーリンク

注文方法

販売所 ・成行注文
・指値注文
取引所 ・成行注文

意外と気が付きにくいのが注文方法です。

自分もどちらも同じかと思っていましたが販売所は指値注文もある事が分かりました。

注文方法は多い事に越したことはありません。

成行注文は仮想通貨の今の価格で売買できるシンプルな注文方法です。

指値注文は売買したい金額を指定して取引します。

一見成行注文だけあれば十分に思えますが指値注文リアルタイムで取引するのが難しい人におすすめです。

例えば1BTC100万円のビットコインを指値注文で90万円で指定すれば90万円に下がった時に自動で買ってくれるからです。

成行注文だけだと90万円にさがるタイミングまで追ってかないといけないので忙しい人はそのタイミングを逃してしまいます。

このように指値注文は使いこなせると非常に便利です。

結局どちらがいい?

販売所の利点 取引所の利点
・取り扱い仮想通貨の種類が多い
・取引トラブルは起こらない
・注文方法が豊富
・スプレッド手数料が安い

結局これってネットショッピングで例えると販売所がYahoo!ショッピングで取引所がヤフオクみたいなものです。

品揃いの良さ、取引面の安全性を考えればプロの業者が良くて、手数料や商品の値段の安さなら素人との取引がいいですよね。

もしビットコインが販売所にも取引所にもあれば自分なら取引所を選びます。

やっぱりスプレッド差が大きいと大きく勝たない限り売買した時のスプレッド差で儲けが減ってしまいます。

また販売所の方が仮想通貨を多く取り扱っているのですがアルトコインの取引所も扱ってる口座もありますので販売所の利用価値も段々なくなってきてます。

株や投資信託でもそうなんですけど、投資の上で気にしなければいけないのは手数料なんですよね。

ただ勝ちやすい仮想通貨を選ぶだけではなく、手数料がかからなくて便利な取引所を選ぶことも投資で勝つポイントの一つになるでしょう。

最後に

販売所と取引所の最大の目玉はやはりスプレッド手数料の違いですね。

購入金額が安ければ気にはならないかもしれませんが買った時にも手数料がかかり売った時にも手数料がかかるので往復だとこの手数料の差が響いてくるでしょう。

売買の正確性は販売所が適格だと説明しましたが今まで取引所を何回か利用はしたのですがこれと言って大きなトラブルは会った事はありません。

これから仮想通貨を始める人は取引所で自分の買いたい仮想通貨があるかどうか調べていくと良いでしょう。

 

-仮想通貨

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.