仮想通貨

素早く仮想通貨口座開設!GMOコインは良取引所か?

更新日:

仮想通貨の取引所も大分種類が増えてきました。

取引所によって手数料、取り扱いコインが違っており定着できる取引所は中々見つけにくいです。

自分がもちたいコインによりけりですが、まずビットコインは絶対としてアルトコインは仮想通貨で時価総額2位のリップルはほしい所。

今回紹介するGMOコインはビットコインとリップルを両方取り扱いのある取引所であり様々な長所があります。

今回はGMOコインの特徴についてお話しします。

スポンサーリンク

GMOコインとは?

GMOコインとはGMOインターネット株式会社の子会社であり、資本金:17.58億円(準備金含む)で2017年に設立された会社になります。

GMOインターネットですとWimaxを提供している名のある会社ですね。

GMOコインの特徴

登録の速さ

名前、住所、電話番号、本人確認書類(画像アップロード)を行い申請をすると約3営業日程で審査完了通知が来ます。

過去の経験上、こういうのは1週間位かかると思ってたのですが予想以上の速さでした。

通知から1日後位に口座番号のお知らせが郵便で来るので受け取ったら口座番号をネットで入力してはれて開設完了になります。

ネットで簡単に手続きできるうえに開設期間が短いので開設は面倒なイメージは払拭されていくでしょう。

取り扱い通貨

取り扱い通貨は5種類ありビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインになります。

他の証券所と比べるとやや取り扱い種類が少ないです。

手数料

GMOコインは口座開設、取引、入金、出金の4つの手数料が無料で入金、出金は現金、仮想通貨共に手数料無料です。

入金方法には特定の銀行のみで行える即時入金、指定の銀行以外の銀行は振込入金になるのですが振込入金のみ振込手数料がかかります。

また、取引所がビットコインのみですので販売所で取引するとスプレッド手数料が発生し手数料の差はおよそ5~10%あたりになりますので取引所にないアルトコインはこのスプレッド手数料に泣かされる事になります。

総評

口座開設の早さが他の取引所より段違いの早さを誇るのと入出金の手数料が無料なのが強みですね。

仮想通貨は結構移動させる機会が多いのでその手数料が無料なのはありがたいです。

実際画面を操作してみたのですが項目をクリックしたときの画面の推移がかなり早いのでせっかちな人には相性のいい取引所です。

しかし購入面に限ってはビットコイン以外の仮想通貨はスプレッド手数料がかかるのでビットコイン以外のコインを買いたい人はやや相性が悪いです。

既にコインを持っていて無料で入出金させたい時にはGMOコインはおすすめできます。

-仮想通貨

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.