仮想通貨

アルトコインはビットコインと何が違うのか説明します

仮想通貨は始めはビットコインしか知らなかったのですが今ではアルトコインと言う言葉も聞くようになりました。

ビットコインとは違う通貨ではありますが、

「アルトコインって何なの?」

「ビットコインと何が違うの?」

と色々疑問に思われる方がいるでしょう。

今回はアルトコインとは何かと言うのとビットコインとの違いも併せてお話ししていきます。

スポンサーリンク

アルトコインとは?

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨をまとめた言葉です。

英語ではaltcoinと言いますがこれはAlternative coin(オルタナティブコイン)の略称になります。

Alternativeは代替えと言う意味で仮想通貨で言うとビットコインの代わりと言う意味になります。

アルトコインの種類

代表的なアルトコイン

  • イーサリアム
  • リップル
  • ネム
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • ライトコイン

有名どころと言うとイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュあたりでしょうね。

ビットコインキャッシュはビットコインと言う名前が入ってますがビットコイン以外のコインはアルトコインなのでビットコインキャッシュはアルトコインになります。

アルトコインは他にも種類がたくさんあり、その種類は2000を超えます。

以前紹介した草コインと言うのもアルトコインです。

ビットコインとの違い

アルトコインはビットコインの技術を元に作られたコインなので根本的な点は変わりないです。

送金はできますし、現金への交換もできますがビットコインとは微妙に違いがあるのです。

機能面

ビットコインの後に作られた仮想通貨だけあってビットコインの弱点をしっかり補っています。

例えばビットコインの送金速度は10分以上かかりますがリップルでは10秒以内で送金されます。

またビットコインには取引量が増える事で送金速度が遅くなるスケーラビリティ問題がありましたがビットコインキャッシュではブロック容量がビットコインも多い事からスケーラビリティ問題を解決しています。

手数料

口座によって手数料は違うのですがアルトコインの方が手数料が高い傾向があります。

理由としてはスプレッド手数料が安い取引所が対応していない点にあります。

古株のビットフライヤーやコインチェックはアルトコインの取引所がないです。

GMOコインはアルトコインの取引所があるようですね。

将来性

ビットコインより実力性のあるコインばかりなので将来性がありますが仮想通貨の主軸がビットコインなのでビットコインの陰に隠れがちですね。

ビットコインの提携企業も多いのでいかに機能面を重視してアルトコインに提携する企業が増えてくれるかがポイントになってくるでしょう。

確かgoogleはリップルに出資したと言う情報がありますからいつかアルトコインもビットコインに流されずに独自の値動きを起こしてくれるんじゃないでしょうか。

フォーセットサイト

ビットコインではfreebitco.inと言うビットコインを預けた分だけガンガン増やせるサイトがあるのですがアルトコインでもEobotと言うサイトがあります。

Eobotはクラウドマイニングマシンから好きな仮想通貨を増やす事ができますがクラウドマイニングマシンを購入しなきゃいけない上にリターンが約5年後になります。

freebitco.inではビットコインをいつでも送金できますのでフォーセットサイトの利用はビットコインの方に軍配が上がります。

最後に

アルトコインはビットコイン以上に発展途上が為に値動きの乱高下が激しくリスクはビットコイン以上です。

ただビットコインのデメリットを改善させたのがアルトコインですので将来性はあります。

今後アルトコインがどう成長していくのかが楽しみです。

仮想通貨の口座をどこにするか迷ってる人達へ

気になるのは手数料!

スプレッド手数料は販売所より取引所の方が安く、GMOコインならビットコインだけじゃなくリップルやビットコインキャッシュ等の数少ないアルトコインの取引所もあっておすすめです。

送金手数料が安いのも利点です。

GMOコインの口座開設はこちら>>GMOインターネットグループの【GMOコイン】

-仮想通貨

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.