アフィリエイト

トレンドブログはやるべきか?メリット・デメリットについて

ブログアフィリエイトでも様々な種類があります。

  • 雑記型
  • 特化型
  • トレンド型

大まかに分類すると上記の3種類でして今回お話するのはトレンド型のブログです。

トレンドブログは稼げるのかぁ、だれでもできるのかなぁと疑問はあるでしょう。

今回はメリット・デメリットも含めてお話しします。

スポンサーリンク

トレンドブログとは?

トレンドアフィリエイトはタイムラインでの最新情報や流行りのキーワードを使って短期的にアクセス数を上げて稼ぐスタイルのブログアフィリエイトです。

主なトレンド記事

  • キャンペーン
  • アップデート情報
  • 新商品の情報
  • 芸能人のスクープ、スキャンダル
  • 時事ネタ

分かりやすいのが芸能人のスクープ、スキャンダルでしょう。

○○さんが○○さんとの熱愛発覚とか結婚しましたとか。

やっぱその人の個性がある人、ブランド力のある人は注目されますから今後の活動や動向が気になるものです。

そうするとそういう最新情報が食いつかれやすいという事なんです。

トレンドブログのメリット

成果が早く出る

最新情報を求めない、雑貨やノウハウ系のブログはいきなり成果が出てくるわけでなく徐々に伸びていって収益になります。

しかし新しい情報を求められるトレンド記事では早い段階でアクセス数が稼ぎやすいのが特徴です。

ガンガン書いてるのに全然アクセス数が増えないと「こんなに頑張ってるのになんで!?」と思って平常心を失ったりモチベーションを失いやすいと思います。

でも成果が早いトレンド記事なら最初からグングン上がっていくアクセス数を見てやる気も上がってきますね。

kazn
人間、流行りには弱いですから流行りの情報なんかはいち早く見たがるでしょうな

記事のネタ切れになりにくい

ブログで最も怖いのはブログのネタ切れですね。

特に記事のカテゴリーを絞り込みすぎるとネタ切れが起こりやすく、特化型ブログなんかが怖い。

ブログで記事のネタがないのは仕事がないのと同じ事。

新情報がリアルタイムで飛び交うトレンドアフィリエイトではカテゴリーを絞り過ぎない限りはネタ切れしにくいです。

いわば常に仕事がある状態なので時間を許す限り、沢山書ける所が利点です。

専門知識を必要としない

新システムの記事だと専門知識が多少必要になりますが芸能関係や時事ネタは専門知識を必要としません。

情報収集さえできればいいので誰でもできるアフィリエイトじゃないでしょうか。

後はいかに他人よりいち早くHOTな情報を入手できるかですね。

ぶっちゃけ早い者勝ちです。

トレンドブログのデメリット

記事の価値がすぐ下がる

トレンド記事は流行りのテーマや話題を書く分、廃れると価値がなくなります。

すなわち価値がなくなると誰も見てもらえなくなるという事です。

簡単に言えばトレンド記事は賞味期限が短いのでアクセス数を維持させる為には沢山記事を書かなければなりません。

「ちょっとサボってもいいや」なんて思って書かないでいるとあっと言う間にアクセス数が下がります。

賞味期限の短さを数でつないで補うと言う労働力を問われるアフィリエイトですね。

差別化が難しい

最新情報を求めるトレンド記事では競合性が高い上に記事の内容が他と似たり寄ったりになりがちです。

したがっていかに自分らしい言葉でまとめて他と同じ記事なのに

  • 一番情報がしっかりしてて参考になる
  • 見ていて楽しい

と思わせる様な内容にしていくのが重視されてきます。

youtubeとの両立が難しい

トレンドネタをyoutubeとして配信するならいいですけどyoutube配信しながらトレンド記事をブログアフィリエイトとして書くのは大変厳しいです。

youtube配信は動画の編集や字幕を付けたりと1本の動画作成でも時間がかかります。

そんな中で作成量を求められるトレンドブログでは両立はほぼ無理だと思っていいでしょう。

もしどうしてもやりたいならトレンドブログに注視し、たまに編集時間を費やさない動画を配信するかその逆にするかですね。

いずれにせよどちらかを趣味程度でとどめていくと言った作業割合の調整をやっていく必要があります。

最後に

トレンドブログのメリット・デメリットについてお話ししました。

アフィリエイトのジャンルとして雑記や特化にも当てはまらないので需要はあるかと思います。

ただ、トレンド情報をただ載せるだけと言うわけにはいかないのでいかに自分らしい文章でユーザーを惹きつけていくかがポイントになるでしょう。

-アフィリエイト

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5