せどりノウハウ

同じ店に行く時はどの位の期間を開けるのがベスト?

こんばんわ。

店舗せどりで同じ店舗に短い間隔で行くと商品の入れ替わりがなく結局何も買えずじまいです。

そうするとある程度期間を置いていかなければなりません。

では大体どの位の期間をあければいいのか?

おおよそ2~3週間程を開ければ次同じ店へ行っても十分な量を仕入れられると考えられます。

もしせどり業を平日に1店舗行くペースと考えて2~3週間間隔を開けるならば10~15店舗、別に行ける店を考えておかないといけません。

10~15店舗だと結構な量ですがそれだけの店が果たしてあるのかどうかという疑問ですね。

スポンサーリンク

普段行かない店にも行ってみる

せどりは自分の行きなれた店に行ってるかと思いますが行ったことない店に行くと案外仕入れられる商品はあるものです。

有名店だけではなく個人経営の小っちゃな店だっていいので行ってみましょう。

後は自分の興味のないジャンルの店に行ってみましょう。

自分はリサイクルショップ、ブックオフ、イオン等が多いですがスポーツ用品店、楽器店、ホームセンターはあまり行きません。

でも実際行かない店に行ってみると掘り出し物も有ったりするものです。

移動時間を費やし仕入れ範囲を広げよう

行ける店が少ないのは移動時間をケチってるからじゃありませんか?

確かにせどりで時間は重要です。

早く仕入れられれば出品、梱包、発送の時間に回せれるので良いのですが仕入れられない事には何も始まりません。

自分も自宅からバイクで30分圏内の店しか行ってませんでしたが移動時間を1時間に妥協したことで行ける店舗はかなり増えました。

こういったようにたくさんの店に行くために移動時間を費やさないといけません。

車、バイクが無い人は電車、自転車、バスを利用しましょう。

運賃が気になる方はその運賃も利益に変えれる位、高利益の商品が仕入れやすい店を見つけましょう。

電車は良い店を見つける為の投資だと思ってください。

最後に

同じ店へ行く期間を空ける為に多くの店を行けるようにするという事で安い店を探すのは簡単ではありませんが人気商品、レアもの、ジャンルを考えて行動すれば安い商品を得られるものです。

まずは行ってない店ならどこでもいいので最低1品だけ仕入れていくつもりでちょっとずつ行動していく事が大事です。

-せどりノウハウ

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5