せどり

現地に行く事に価値あり!店舗せどりのメリット・デメリット

投稿日:

こんばんわ。

ネットと言うのは本当に便利でなんでもネットで済ませられるのでとても楽だと思います。

このせどり業に至ってもネットで店を立ち上げて販売できちゃうわけですもんね。

そして仕入れでもネットショッピングで仕入れる、いわゆる電脳せどりというのがメジャーになってるわけです。

しかしそういう時だからこそ店舗せどりは穴場になってきてます。

今回は店舗せどりをやる上でのメリットとデメリットを話します。

スポンサーリンク

メリット

有益商品を探しやすい

せどりを始めたての頃はどの商品が利益が出るのかわからないものですが
店舗せどりではワゴンセールや値札の色によって価格の安さが分かります。

その商品だけに絞っていけば利益が取れる商品を見つけることができます。

目の前に商品があるってのも大きくどの商品が人気か分からなくてもツールを使う事で人気商品なのか、安い商品なのかが分かるのが店舗せどりの良い所ですね。

送料がかからない

ネットだと商品によって送料がかかりますが店舗せどりなら基本持ち帰る分では送料はかからないです。

大型家電など持ち帰りが困難なものでも送料無料にしてくる店もあります。

送料の値上げで利益を圧迫されやすい時代なので送料は抑えたい所です。

商品が当日に手に入る

ネットだと1~2日かかったりしますが、店舗仕入れは買ってしまえばその日のうちに手に入りますので即出品に回せるのが利点です。

商品の状態を確認できる

中古品を仕入れる際、動作や傷、汚れの状況は気になるものです。

家電、CD、blu-rayDVD、フィギュア、おもちゃは特にそうですよね。

店舗せどりでは自分の目で中古品の状況を確かめれるので自分の基準で選びやすいです。

デメリット

店までの所要時間、コスト

店が遠ければ遠いほど往復の時間が持ってかれちゃうのが店舗せどりのデメリットですね。

わざわざ時間かけて遠くまで行く位ならネットの方が探すのに時間がかからないのも事実です。

また電車・バスで行けば運賃。車、バイクで行くならガソリン代がかかってしまいます。

そういう意味だと住まいの周りの環境にも左右されやすいのもデメリットです。

他人の目が気になる

店舗せどりではアプリを使って商品をスキャンしたり型番を入力するわけですが普通に買いに来た人とは違った行動をとるわけで店員や一般客からの視線が気になると思います。

でも心配して周りをキョロキョロしながらそれが逆により不審がられるので気にせず堂々とやった方がスムーズです。

さすがにレジ前では難しいですけどね(汗)それ以外の所で普通にやってて店員に止められたりしたことはこれまで一度もありません。

大型商品と大量仕入れが難しい

車が無い人だとどうしてもぶち当たる壁ですね。

徒歩・自転車・バイクでは仕入れられる量に限界があり、配送を受け付けてない店の大型商品が仕入れられないのも悔やまれますね。

レンタカーで仕入れるのもありですがレンタカー代以上の利益を確実にとれる様計算をしなければいけません。

この点は車以外の交通手段で利益を取れてるのなら仕入れ量を増やせばいい事なのでそれ程大きな問題ではないです。

最後に

店舗せどりは確かに手軽さは有りませんが実物をすぐ見れるしネットでは無いレアものや激安品があったりもします。

店舗せどりを多く経験していく事で利益の取れる商品が段々分かってくるしその商品を今度はネットで探すなんて考えにも行きますよね。

せどりを初めて、何をすれば分からない人はとりあえず店舗せどりから始めてみてはいかがでしょうか。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.