せどり

【せどりでの失敗談】気づかずやってしまった事

投稿日:

せどりをやってると最初は失敗する事が多くあります。

せどりは経験して学ぶことが多いのですが失敗して資金を無にして在庫は抱えたくないものです。

これから紹介する失敗談をみて少しでも皆さんが同じ失敗を起こさない様、気を付けてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

失敗談

ランキングの低い商品を仕入れる

価格をチェックして安いから飛びついて買った商品。

ランキングが低いけど安く手に入ったから安くすれば売れるだろうと思いがちです。

しかしランキングが極端に低い商品は在庫がない商品でもない限り安くしても売るのが難しいです。

ランキング20万位以下だと赤字になる位安くしないと売れないので注意が必要です。

Amazonランキングが低いと売れない?ランキングについて考えてみた!

こんばんわ。 Amazonで見かけるランキング。 高いほど人気があり、低ければ人気がありません。 高ければ注目されやすく ...

続きを見る

出品制限がある商品を仕入れる

これもよく確認せずにやっちゃったパターンですね。

ipad pro用のキーボードが安かったので仕入れたんですけど仕入れた後に出品制限を見てみたら新品も中古も出品不可という事がありました。

最終的にはヤフオクで売れたからよかったんですが1万以上した商品なので滅茶苦茶焦りましたよ…

販売メーカーによって出品規制しているので購入前にチェックしましょう。

確認のしかたはモノレートで出品制限と言う項目がありますのでそれを選択して確認ができます。

モノレートを使いこなせればせどりは楽になる!

こんばんわ。 モノレートは無料で使えるサイトでサーチした商品をamazonでの価格やランキングの推移を確認できる非常に便 ...

続きを見る

違う型番を仕入れる

これはバーコードがない商品を仕入れる時にやりがちです。

バーコードがない商品は商品名の型番で調べるのですがまれに型番と違う商品情報がでてきます。

その違った商品情報を基に仕入れてしまい、買った後に気づいたと言う経験があります。

気づいた後、正しい型番の商品情報を調べたら全然利益が取れない商品でした。

配送料もかかる商品だったので結局ハードオフに行って買い取ってもらいました。

型番を調べ商品情報がでたら今一度型番があっているか再チェックする様にしましょう。

最後に

せどりではこれらのミスをするだけで赤字になってしまいます。

せどりで失敗と言うのは避けるのが難しいです。

失敗をしないより失敗をしたら次は同じ失敗を繰り返さない様、再発防止策を取る事に専念しましょう。

これらを踏まえて最初は高額商品を狙わず少額から活動すれば失敗しても損失は少額で済む事でしょう。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.