交通費

50ccバイクはやめとけ!50ccバイク乗り7年の主がその理由を語る

バイク乗りのスタートとして50ccバイクを選ぶんじゃないかと思います。

自分も最初原付の免許を取って50ccバイクから始まり次に原付二種、今は150ccバイクに乗ってます。

ぶっちゃけると50ccバイクを利用する事はあまり得ではありません。

今回は50ccバイクを辞めといた方が良い理由を話します。

スポンサーリンク

パワーが足りない

まず50ccと言う時点でパワー不足です。

自分は50ccでYAMAHAのBJを使ってたのですが最高でも時速50km位しか出ません。

一般道で50kmしか出ないのは結構危険で後続車からバンバン抜かされてきます。

もちろん二車線以上の道路で真ん中~右側車線に走るのは迷惑なので左側を優先的に走る事になります。

時速50kmでも早いかもしれませんが後続車と同じ速度で走れるからこその安心感があります。

二段階右折をしなければいけない

二段階右折とは右折する為に左方の道路側に停止し、左方側の信号が青になったら直進させて右折するやり方なんですが、二段階右折の必須は50ccバイクと自転車位です。

せっかく右折信号があっても直接右折できないので手間がかかります。

せっかく移動時間短縮の為の乗り物でも右折の為に時間を取られるのはたまったもんじゃないでしょね。

ついついそのまま右折したくなりますがもちろん違反すれば減点になりますのでやめましょう。

維持費が125cc以下バイクと大して変わらない

50ccバイクは維持費が安いイメージがありますが実は125cc以下の原付二種とそれ程、変わらないんです。

自動車税が50ccバイクが2000円で原付二種が2400円でたった400円しか違いがありません。

自賠責保険については原付一種、二種とも全く一緒です。

燃費についても寧ろ原付二種の方が上回っているんじゃないかと思うくらいです。

通行できない標識が多い

基本50ccバイクしか通れない場所と言うのはほぼないと思ってよいでしょう。

標識に至っては50cc以下通行不可の標識が結構多いです。

やっぱ通れる所が多いほど移動時間の短縮には繋がりますので標識で引っかかるのはつらいですね。

しかし50ccバイクでもいい点が

デメリットばかりあげてきましたが、50ccバイクにも長所があります。

自動車免許があれば運転できる

実は50ccバイクは原付運転免許か自動車運転免許が運転できるのです。

さっき比較対象になってた原付二種は小型自動二輪運転免許がないと運転できません。

原付運転免許自体は安く取れますし、車の免許を取るつもりなら取ったついでに50ccバイクも運転できるので免許費用のコスパが非常に良いです。

ちなみに小型自動二輪運転免許は車の免許なしでは15万円程で免許有なら9万円程で済みます。

車体が軽い

バイクの利点は押して歩ける事ですが当然重たいバイクですと動かすのに一苦労します。

やっぱバイクがでかいとその分重量が増して押すのが大変ですが50ccバイクは軽いので非力な人でも押しやすいです。

結構運転してると、押して歩く場面は多いので軽いバイクの方を選んだ方が良いですね。

本体価格が安い

50ccバイクの最大の長所です。

20万円以下で買えるバイクが多いのでお金があまりない人でも買えるのが良いです。

最後に

50ccバイクを辞めといた方が良い理由についてお話ししました。

いい点もありますがバイクは長く使っていきたいもので1度買うと次の買換えが面倒くさいです。

やはり速度がでない点、二段階右折をしなきゃいけない点と50cc以下のみ通行不可の標識で使いにくさを徐々に感じてくるので1回の購入で長く使う事を考えていけばやはり原付二種を買う事をお勧めしたいですね。

-交通費

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.