交通費

原付二種は移動手段として手が付けやすく超格安すぎる件

車はほしいけど高くて買えない人には原付二種をお勧めします。

原付二種を知らない人もいると思いますがコスパに優れている乗り物です。

今回は原付二種のメリット、デメリットについてお話しします。

スポンサーリンク

原付二種とは?

原付二種とは小型自動二輪車の一つで排気量51cc~125ccの原動付自転車の事をさします。

小型自動二輪免許以上の自動二輪免許があれば運転できます。

原付二種の特徴

コスパが良い

原付二種51cc~125ccの為、一般道で走るには十分の速度が出せるのに保険料、重量税が非常に安くコスパに優れています。

保険料と重量税の値段

自賠責保険:16690円(5年)

重量税:年2400円

任意保険:年15000円前後(30歳以上)

任意保険の金額は契約会社によって変わってくるので平均的な相場を算出しました。

また車を所有している状態であればファミリー特約を利用する事で更に任意保険の金額を安くできます。

またバイク本体も非常に安いです。

おススメはホンダDio110ヤマハアクシスZです。

理由は本体価格の安さと低燃費です。

Dio110は新車で22万円前後、燃費が44km/L前後です。

アクシスZは新車で23万前後、燃費が48km/L前後です。

バイクって凄い高いイメージがあるんですけど22~23万円でしたら決して手が付けられない値段じゃないですもんね。


原付一種より速度が出る

原付一種では排気量が50ccの為、一般道で車と同じような速度を出すのは難しいです。

自分は昔、ヤマハのBJという原付一種を使ってたんですが時速50kmが限界でした。

普通に車に横から追い越されるので少し怖いと感じてました。

しかし原付二種では時速60km以上は余裕で出るので一般道を走るには問題ありません。

ダンデム(二人乗り)が可能

原付二種には殆どの車種にダンデムシートと言う車で言う後部座席があります。

これによって二人乗りが可能になります。

友人や恋人を乗せてあげて遊びに行けるのはでかいです。

原付二種のデメリット

自動車専用道路は走れない

原付二種では自動車専用道路は走る事ができません。

自動車専用道路とは主に高速道路やバイパスですね。

自動車と同じぐらい速度はでますが高速道路でかっ飛ばせる速度は出ないですしね。

また125cc以下進入禁止の標識も時々見かけるので原付二種用のルートが出せないナビアプリとの相性もやや悪いです。

最後に

バイパスや高速道路は走れないので遠出には不向きですが普段休日で通ったりしてる場所に行くにはかなりお勧めできます。

特に駅から離れている場所なんかはいいですね。

原付一種と違って二段階右折も不要なので原付一種のコスパと利便性と車のパワーを兼ねそろえた正に日常の足として使える最高の乗り物と言えるでしょう。

-交通費

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.