ツール

Twitter広告は広告費が安い!でも広告ポリシーは厳しめ

集客方法の一つに自分はSNSから自サイトの事を発信させています。

Twitterは全世界で3億2800万人が利用し、日本国内での月間の利用者数も4,500万人(2017年10月)にも登るSNSです。

その為、Twitterを利用した自サイトの拡散はGoogle等の検索サイト以外からの検索流入が期待されます。

そのTwitterにはTwitter広告が利用でき、検索サイトを頼らないPV数アップが狙えます。

今回はTwitter広告の使い方や利用した感想をお話しします。

スポンサーリンク

Twitter広告の利用条件

Twitter広告は一般利用者でも利用できますが誰でも利用できるわけではなく以下の条件を満たした場合に利用できます。

  • プロフィールが充実している
  • アカウント作成後、ある程度日数が経っている
  • ツイートしている

まぁ普段Twitterを利用しているなら自然と行っている所なのでそれ程難しい条件ではないでしょう。

アカウントの作成後の日数は2~3週間程待てば、広告が使えます。

プロフィールはアイコン画像、ヘッダー画像、自己紹介をきっちり書いておきましょう。

ツィートに関してもあまり炎上や過激なコメは避け、皆の為になるツイートを発信すると良いでしょう。

Twitter広告の特徴

キャンペーンの種類

ツイートのエンゲージメント ツイートへのアクセス、返信、リツイート、お気に入りに登録を目的とした配信方法
プロモビデオ回数 GIF、動画を見る利用者を増やす配信方法
ブランド認知度の向上 ブランドに興味のあるユーザーにフォロワー以外にツイートを配信します
ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン ウエブサイトやリンクをアクセスして貰う為に配信します
インストリーム動画再生数(プレイロール) 関連性のあるパートナーのツイート内で再生されるよう本編動画をアクセスさせることを目的としてます
フォロワー オーディエンスで共感を得られやすいユーザーへツイートを配信します
アプリインストール数 アプリをダウンロードするアカウントを増やします
アプリの起動回数 アプリを開いていりようする既存アカウントを増やします

Twitter広告の種類は8種類あり、自分の利用用途に合ったキャンペーンが用意されています。

ブログアフィリエイトなら自分のサイトをアクセスしてもらう為にウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンを選ぶのがおススメです。

フォロワー数が増えればTwitter広告に頼らなくてもPVを取れますのでフォロワー数を増やす目的で広告配信するのも良いでしょう。

ターゲッティングの設定

  • 年齢
  • 性別
  • 地域
  • キーワード
  • 場所
  • 言語
  • デバイス
  • OS

ターゲッティングはかなり豊富です。

年齢、性別、地域はもちろんの事、デバイスやキーワードと細かくターゲッティングを設定できます。

あまりターゲッティングを広げすぎると広告費を多く消費して費用対効果が弱くなります。

デバイスも選べるのは大きくてTwitterの利用者のほとんどはスマートフォンを使ってますからね。

デバイスをスマートフォンに選ぶだけで広告費を抑えれますのでSNS広告の中では安い広告費で回せるかと思います。

Twitter広告のデメリット

Twitter広告はポリシーがかなり厳しく広告利用するなら配信するツイートがポリシー違反をしていないか確認しておきましょう。

特にお金がらみのジャンルは金融、クレジットカード、投資系も広告配信はNGです。

自分がブログ周知を配信する際はTwitterのポリシーに違反していないか調べておきましょう。

ブログでの効果的な利用方法

ブログアフィリエイトがTwitter広告を利用する場合、サイトへのウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン選び、Twitterユーザーが自分のサイトに来てくれるようにします。

ターゲッティングは基本的にはスマホにしましょう。

PCはあまりTwitter広告はクリックされない傾向がありますので。

キャンペーンは複数作成できますので記事カテゴリごとにキャンペーンを分けると効果的です。

例えば自分のブログはお金に関する記事は多いですがその中でもお金の節約、収益化とカテゴリ分けしています。

収益化の中では動画配信の事、ブログアフィリエイトの事、せどりの事も記事にしています。

動画配信、ブログアフィリエイトだと若い世代が注目されていますが節約だと家族持ちの人が見ると思うのでカテゴリ毎にみる人の層は異なってくると思います。

またTwitter広告でも宣伝内容はツイートと同じ形でかけるのでハッシュタグが使えます。

皆が食いつきやすいパワーワードにはガンガンハッシュタグをつけて二次拡散を狙うと良いでしょう。

ツイートのしかたはあまり下手に広告費を意識して営業押しの様な胡散臭い内容にせずいつも通りのブログ更新通知でOKです。

自然なツイートにしておくことが重要ですね。

キャンペーン ・ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン
ターゲッティング ・デバイスはスマホ
・キーワード、年齢、性別、地域は絞れる所は絞る
その他 ・ツイートにはハッシュタグをつける
・ツイートは自然な内容に

利用した感想

実際にいつもブログ更新した時のTwitter発信を広告化してみました。

最初はターゲッティングの設定に手こずりましたが何回か利用してく内になれましたね。

費用対効果は記事内容によりけりでした。

節約系の記事は単価が安くて出稿しやすく、収益化に絡みやすいブログアフィリエイト系の記事は単価がめちゃめちゃ高いです。

節約系は1クリック10円前後、ブログアフィリエイト系は30円前後でした。

でも1クリック10円程の単価は今まで利用していたSNS広告やGoogle広告と比較した中で最も安いです。

記事カテゴリによっては安い広告費でPV数を集めれる集客支援ツールとして利用価値は高いです。

特に自分の広告化させたツイートにアンチコメントは来たりしてないので結構安心して送れると感じました。

結構タイムラインで見かける広告ツイートのコメントを見ると批判コメントをよく見かけるので心配だったんですけどね。

たまに「いいね」をもらったりして楽しいです。

後はTwitterのポリシーですがこれは本当に慎重に取り組んでます。

違反してTwitter広告が利用できなくなると結構痛手なので。

PVアップの効果は結構あります。

ユーザーもその広告記事をみるだけじゃなく別の記事をみたり他のツイートを見たりする可能性はありますよ。

広告費は払わないといけませんがターゲッティングを絞ったり低単価の記事カテゴリ―で攻めていけばかなり使える広告サービスだと感じました。

最後に

Twitter広告の使い方や利用した感想をお話ししました。

投資もそうなんですが自分は分散型なのでPVも色んな手法で集めたくてTwitter広告を利用したんですがもう離れられないです(笑)

ブログだけじゃなく自分のツイートを注目させたい用途でも使えるので興味のある方はぜひ使って見て下さい。

-ツール

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5