返品・売却

Amazonで間違って購入しても大丈夫!返品でお金は返ってくる

皆さんはネットで間違った商品を注文した事はありませんか?

自己都合の返品ですしどうせ例え返品できたとしてもどの位金額が返ってくるのか不安な点もあります。

自分はAmazonで買った商品で間違って購入した商品を実際に返品を行いました。

返品と言うと面倒なイメージがありますが実際やってみると意外と簡単な物でした。

今回は実体験を元にAmazonでの返品方法や体験談をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

返品方法

今回自分が返品したのはこの業務用ガスコンロです。

一般家庭用で買うつもりが間違って業務用を買ってしまいました。

業務用は「一般家庭では使用しないでください」と商品説明に注意書きがあり、見落としていたという経緯になります。

火事の原因になりかねないので返品したいと思います。

上記の画像ではボタンが返金済みなのでボタンがありませんが返品してない商品には注文履歴からの商品に「商品の返品」と言うボタンがありますのでクリックします。

返品手続き

1.返品理由を選択します。自分は返品理由として「間違えて注文した」と選択しました。
2.返品理由は具体的な理由を書きます。正直に書いていきましょう。
この時自分は「業務用が一般家庭で使えないとは知らなかった」書きました。
理由を書いたら次に進むボタンを押します。

3.返品方法を聞かれます。購入時の支払方法によってカードへの返金かamazonギフト券などでの返金になるかなど状況によって変わります。
複数のうちから選択できる場合もありますので、自分の好きな返金方法を選んで次に進むと、確認画面が出ますので【返送手続を開始】をクリックします。

4.その後【返品用ラベルと返送手順を表示・印刷】をクリックすると、返送先や返品コードなどが記載された画面が出てきます。
  返品先の住所などを印刷して同梱して送れば返品完了です。

梱包~返済まで

梱包は幸いにも買った時の発泡スチロールやダンボールは残しておいたので梱包はそれらを利用してガムテープでとめました。

開けた商品を元に戻しただけですね(笑)その後は返送用のラベルを印刷し、ダンボールにはりつけます。

最後は配送業者に集荷の依頼をして、商品を返品します。

集荷は商品サイズで料金が変わってくるんですけど今回ガスコンロで商品サイズとしては大きいので1500円位かかりました。

返品が完了すると返金の連絡がメールで来ます。

大体返品してから3日ぐらいで返金の連絡が来ましたね。

返品期限は返品手続きを行ってから30日以内です。
期限を過ぎると返品できなくなります。

また間違って注文しても商品が到着する前に注文キャンセルで支払った金額を返金する方法もあります。

返品結果は?

19000円の商品を誤って注文してしまったという事で返品し、結果8999円が返金されました。

10000円の損でしたが荷物の集荷と返品手数料込みの金額です。

全然使ってなかったのでもしかしたら全額返ってくるんじゃないかと淡い期待はしていましたがダメでしたね。

ただ、間違って注文したものでもちゃんと返金してくれるだけありがたいです。

あえて文句を言わせてもらうと一般家庭で使っちゃいけない商品を一般消費者でも買える状態にしてるのは明らかおかしいと感じました。

購入前に「これは業務用です。一般家庭では使えません」位の警告文が入ってくれたらなおよかったんですけどね。

物を返品するのに集荷依頼したり、梱包したり面倒くさそうな感じがしますが全然そうでもなかったです。

集荷依頼は集荷の住所をネットで入力すればいいですし、梱包は受け取った時のダンボールや発泡スチロールを残しておけば楽でした。

商品説明はよく読もう

そんなこんなで返金までの手続きは終わりましたが商品説明をしっかり読めばこんなことする必要もなく買う事もなかったんです。

要は「買う前は商品説明はよく読んでおきましょう」という事です。

商品の購入でも間違いやすい点と言うのがありますね。

間違いやすい項目 間違いやすい商品
・サイズ
・何に対応しているか?
・家電類
・PC用品
・ガジェット系
・工具類

電気を使うような機器類や自分が返品したようなコンロだと何かしらの条件が整っていて初めて使える商品が多いので十分に注意しないといけません。

例えばネジ一本買うにしても、入る穴のサイズや対応ドライバーを調べないといけないですよね。

他にも過去に突っ張り棒を買ったのですが耐荷重や長さにも注意しました。

部屋の壁に固定して取り付けるので部屋の壁から壁までの距離をメジャーで使って調べましたからね。

普段こういった事はやらないので商品購入の際にも意外とやろうとしないんですよ。

だからサイズが合わない、対応していないという部分を気にせず結局、返品する事になるんですよね。

返品と言うのはあくまで最終手段なので返品まで行かない様に購入ミスを防ぐことが肝心なのです。

最後に

Amazonでの返品方法や体験談についてお話ししました。

間違って注文しても返品機能を使えば、全額は無理でも返品、返金が可能だという事が分かりました。

この方法を知らないと「間違って注文したからそれで我慢するしかないんだ」と思い泣き寝入りで終わってしまいます。

特にやり方はなんも難しい事は無いのでちょっとでも節約する為に返品は是非やっておきましょう。

-返品・売却

© 2020 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ Powered by AFFINGER5