電気・ガス・水道

ガスは様々な節約法がある!ガス会社を変えるだけじゃなかった!

ガスも電気と同様、生活する上で必要なものです。

お湯を出したり、コンロで火をつけたりと利用は幅広いです。

ガスの節約方法ですが電気とは違って使い過ぎになりがちなので無理のない使用の抑え方を意識しましょう。

今回はガス代の節約方法についてお話しします。

スポンサーリンク

私生活でガスを使う所とは?

主にお湯とガスコンロが使われるのかと思います。

私生活では必要不可欠なお風呂、シャワー、料理なんかがガスを使いますね。

普段使ってる所こそ、好きに使って節約しない事があります。

お風呂・シャワーでの節約

ポイント

・熱くしすぎない
・シャワーの時間は短く

寒い時期なんかは温まりたくてシャワーを長時間使ったり、お風呂の温度を高めに設定をするかと思います。

気持ちは大いに分かりますが両方とも過度に利用してませんか?

シャワーは体を洗う為に使うので無駄に出しっぱなしにするのではなく洗い終わったらすぐとめるようにしておきましょう。

お風呂の温度も暖かい位の温度にする事で熱くしすぎるよりかはガス代が節約します。

普段の温度より1℃下げるだけでも良いのでやってみましょう。

料理での節約

ポイント

・沸騰後は弱火に
・落し蓋をする

料理でのガス代の節約ポイントはお湯を沸騰させるまでと沸騰させた後になります。

沸騰するまでは強火でお湯を温めるのですがただ温めればいいと言うわけではありません。

落し蓋をする事で熱を逃がさないようにして沸騰を早めていきます。

また早く沸騰させることを目的に強火にするわけですから沸騰した後は火を弱めます。

強火のままだとガスを食いますし、沸騰している状態で弱火にしても沸騰しなくなるわけではありません。

もちろん弱火の方がガスを使わないので沸騰したらすぐ弱火にしましょう。

ガスにも種類がある

ガスの種類

・都市ガス
・プロパンガス

どちらもコンロを使ったりお湯を使ったりという点では違いがありませんが料金に大きな違いがあります。

都市ガスの方が安くプロパンガスのは都市ガスの1.2~2倍の料金になります。

基本的にあまり家にいなくて自炊しない人はプロパンガスでも影響は少ないですし、自炊する人や家によくいる人では都市ガスの方が安く済みます。

ただ賃貸ですとプロパンガスの方が家賃が安い傾向がありますね。

ガス会社を変える事で節約もできる

ガス自由化になり東京ガス、東邦ガス、大阪ガスの大手ガス会社以外のガス会社も選べるようになりました。

自分は昔、東京ガスでしたけどガス自由化になった事で電気と同じ会社のHTBエナジーに変えました。

基本料は東京ガスより安い上にセット割で月100円安くなりますので東京ガスより確実に安く済みます。

最後に

ガスの節約法は電気と違い、調理やお風呂での使い方の工夫やガスの種類によっても節約できることが分かりました。

こういった部分を注意しなければガス料金は無視できない位高くなります。

落し蓋、火の強さ、シャワーを使ってる時間等、細かい所を意識して少しでもガス代を安くしていきましょう。

-電気・ガス・水道

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.