ショップ

ドラッグストアでの節約メリット・デメリット!一部の商品が安い

ドラッグストアでは医薬品がたくさん並んでいますがシャンプー、洗剤、ボディーソープと日用品が売っています。

マツモトキヨシ、クリエイト、ハックドラッグ等、もはや薬だけ売ってる店ではなくなってきてます。

ドラッグストアでの節約は果たしてできるのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラッグストアのデメリット

 

一部高い商品がある

高いと感じた商品

  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 食器用洗剤

ドラッグストアは全体的に安いイメージがありますが高い商品もあります。

シャンプー、ボディーソープ、洗剤は品揃いが良いのですがどのドラッグストアも結構高いですね。

これらを買うとしたらスーパーやホームセンターで買った方が安く済みます。

その為、ドラッグストアで全部済まそうとするとトータルで節約になりません。

他にも安い商品はありますので安い商品だけを狙っていきましょう。

店舗毎の大小の差が激しい

駅近 店が小さい
駅から遠い 店が大きい

ドラッグストアは店舗毎の大小の差が激しいです。

駅近ですとデパートの中にドラッグストアが併設されている事が多く、品揃いはいまいちです。

駅から遠い薬局は店が大きく、薬だけじゃなく食品なども売っています。

どっちがいいと言われるとやはり店が大きい方が良いですよね。

品揃いにも影響しますので大きい方が欲しい薬がみつかる可能性も高いです。

駅から遠いドラッグストアへ行くとなると車、バイク、自転車と言った移動力がある乗り物が必要になってきます。

駅近で大きいドラッグストアがないのがデメリットですね。

ドラッグストアのメリット

食品が安い

全てのドラッグストアではありませんが袋麺、カップ麺、飲み物や他にも冷凍食品、野菜、卵と言った健康食品以外の食品もそろえています。

しかもただ揃えているわけではなくスーパー顔負けの価格の安さです。

10個入りの卵が200円以下だったり500mlの飲み物が50円で売られてたりしてます。

またスーパーではどんどん高くなってきてる米も10kgで3000円以下で売ってたりしていてドラッグストアとは思えない安さです。

ウエルシアなんかはイオングループ店なのでオリジナルブランド「TOPVALUE」によってかなり食料品が安くされてます。

あわせて読みたい

処方箋受付でポイントがもらえる

診療所近くの薬局は処方箋受付だけで何かお得な事があるわけではありません。

しかしドラッグストアではその店のポイントカードがあります。

処方箋の依頼してポイントカードを提示すれば支払金額の何%かはポイント還元されます。

薬代だってそんな安いわけでも無いので病院からの帰り道にドラッグストアがあればそこを利用してお得にポイントを貯めて節約していきたい所です。

ワゴンセールもある

ドラッグストアではワゴンセールがあり、商品入れ替えと言った理由等でカゴの中に入ったコスメ品、日用品が通常より安く売られてる時があります。

割引も通常の半額と大判振る舞いです。

スーパーではワゴンセールというのは中々見かけませんのでスーパーの日用品が高い時はドラッグストアを利用するのもありですね。

おすすめ店

  • マツモトキヨシ
  • クリエイト
  • ウエルシア
  • サンドラッグ
  • ウェルパーク
  • セイムス
  • ツルハドラッグ
  • Fit Care DEPOT
  • スギ薬局

ドラッグストアはたくさんのお店がありますがおすすめ店は上記の8店になります。

どれもチェーン店になりますので比較的、近所にあると思います。

食料品やティッシュ箱が安いのが特徴ですね。

他にもクレジットカードやQRコード決済に対応していてポイントを貯めながら支払う事もできます。

最後に

ドラッグストアでは薬だけの店かと思いきやワゴンセールや食品の安さなど薬以外でも買い物しやすい店になっていました。

自分も確かに菓子パンや健康食品を買ったりしていてドラッグストアの利用頻度は年々増しています。

ドラッグストア=節約 イメージは強くなっていると思います。

-ショップ

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.