節約意識

値引き交渉はやっとくべきか?やって損はないが言い方に注意

値引き交渉って得意な人、苦手な人いると思います。

自分も値引き交渉は苦手な方です。

面倒くさいし、結局値引いてくれなかったことを考えると時間がもったいなく感じてしまいます。

実際「値引き交渉は必要なのか?」と思う人もいるでしょう。

今回は値引き交渉の必要性についてお話しします。

スポンサーリンク

値引き交渉はすべき

結論から言うと値引き交渉はやっておくべきです。

面倒くさいかもしれませんがやらないよりかはやった方が良いからです。

やらない人が多いのは値引きできない店でやるから断られるだけで値引いてくれる店はあります。

比較的交渉しやすい店はネットショップ家電量販店ですね。

それ以外の店ではやってもほぼ応じてくれないです。

値引き交渉のやり方

値引き交渉はただ言えばいいと言うものではなく、

「安くしてください!」
「500円だけ値引いてください!」

これでは店員や販売側は応じてくれるわけがありません。

店員側から値引きを応じたくなる言い回しにしておきましょう。

自分だったらこういうようないい方します。

  • これとこれも買うからあわせて値引いてほしい
  • この商品お宅の別店舗だとこれだけ安いんだけど?
  • 古い商品の下取りのあわせて値引いてほしい

これくらいしか思いつかないんですけどどれも値引きの理由にはなるかと思っています。

ポイントなのは購入に意欲がある事を店員に見せる事です。

店員側に「この人は商品をちゃんと買ってくれる人だな」と思わせる事で値引き交渉も受けてくれるでしょう。

ただし大阪のおばちゃんをイメージさせる様なしつこい値引き要求は下手すると出禁を食らう可能性があるので気を付けましょう。

最後に

値引き交渉の必要性についてお話ししました。

交渉と言う事でトーク力が必要に感じされますが購入意欲を見せつつ値引き交渉をすると良いでしょう。

店員側に悪印象を与えず気持ちよく値引きしてもらえる事が大切です。

-節約意識

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.