節約意識

一番節約が出来る項目とは?やはりあの項目だった!

更新日:

節約。

コツコツと継続していき支出を最低限に抑えていく事で永遠に行うことかもしれません。

あれも節約、これも節約と節約する項目ってたくさんありますよね。

ところで人間生きていて必ずかかる出費がどの位あるか分かりますでしょうか?

出費項目

・食費
・電気・ガス・水道代
・携帯代
・ネット代
・税金
・医療費
・保険料
・年金
・交通費
・交際費
・娯楽費
・家賃

実はこんなにもあります。

人によっては払う必要のない項目はあるかもしれませんが自分が払っている項目はこれだけ払っています。

これだけ項目があれば節約できそうな穴はたくさんありそうです。

さすがに生きがいの娯楽費を削るのはストレスの元になりますし良くないので節約対象外ではあります。

スポンサーリンク

その中で一番節約できる項目とは?

これはその人の職業によって変わってきます。

自営業の様な家が仕事場で税金を自己申告する人なら家賃、税金が大きく節約できますが転勤の可能性がある会社員だと家賃は交通の利便性の考えないといけないので節約が難しいです。

結果としてどの立場でも一番節約できる項目はすなわち食費ではないかと考えます。

…絶食しろ!とかそういう節約ではないですよ?(笑)

確かに大食いと小食では食費に差はでますがより差が出るのは外食と自炊です。

毎日外食の人だと一人1日平均1000~2000円だとして月30000~60000円の出費がかかります。

逆に毎日自炊の人であれば買う食材、行くスーパーにもよってきますが一人、月10000~15000円までに抑えることができるでしょう。

その差は月20000~45000円も出てくるわけです。

自炊するだけでこれ程節約できるのはすごい事ではないでしょうか。

毎年自炊すれば年間の車の維持費はチャラにできる程です。

自炊というと調理時間や洗い物が面倒ではありますが料理によってはささっと炒めてできる料理もありますので時間をかけずに作る事ができます。

食費の節約はいつでもやめれるのがまた利点

ネット代、携帯代、家賃なんかは節約の為に安い所に切り替えるのですが契約の変更したりして手続きが面倒です。

しかもこういう項目の節約は自分に合う、合わないがありますから変えてみてやっぱり合わなかった時は元に戻すのもこれまた面倒です。

食費については自炊が合わなければいつでも辞められるので気が楽ですね。

平日は外食にして休日は自炊にして自分のライフスタイルにあわせる事でストレスなく節約ができるのが食費のメリットでもあります。

-節約意識

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.