食費

吉野家で安くお得に食べる方法はたくさんある件。

牛丼チェーン店の代表格である吉野家。

安い、早い、美味いの3拍子を揃えた外食にうってつけの店です。

そのまま利用しても安く済むのですがより安くできる方法があります。

今回は吉野家で安く食べれる方法をお話しします。

スポンサーリンク

株主優待券の利用

株主優待券が使える牛丼チェーン店は多いのですがその中でも吉野家は100株買うと3000円相当(300円×10枚)の優待券が年2回もらえるので手厚い優待内容と言えるでしょう。

新味豚丼が並で330円ですので優待券を使えば30円の支払いで済んじゃいます。

外食費でも300円から段々安いと言えなくなってくるのでそこで優待券で300円引きの恩恵はめちゃくちゃでかいはずです。

豊富な支払方法

支払方法

・現金
・交通系電子マネー
・WAON
・吉野家プリカ
・Origami Pay
・Tポイント

残念ながらクレジットカードには対応していませんがSuicaと言った交通系電子マネー、WAON、Origami Pay、Tポイントに対応しています。

Tポイントは支払いにも使えますし、使わずに提示すれば200円に1ポイント貯まります。

またチャージすると2%還元される吉野家プリカも魅力的です。

一番お得なのは優待券を使って残った残額をTポイントで消化する事ですね。

優待券を持っていなければTポイントを提示し、Suica、WAON、吉野家プリカでちょっとでも安く済ませるのがお得でしょう。

アプリの利用

吉野家には公式アプリがあり、不定期でクーポン券が配布されています。

株主優待券と比較すると値引きされるメニューが限定され、値引き額も30円程と小さいですがちょっとでもお得になるなら使っておきたいです。

優待券や電子マネーと比べるとそれ程お得感はありませんのでアプリがある程度は頭の片隅に入れておきましょう。

定期券の利用

吉野家では不定期ではなまるうどんとの合同定期券を販売しています。

300円で内容は皿、丼、カレーが1杯につき80円引きで何回も使えます。

このシステムを利用して自分は豚丼とカレーを頼んで2杯なので160円引きしてもらいました。

何回も使えますが大体有効期間が1ヶ月と結構短めです。

最低4杯は頼まないと定期券の元は取れませんので有効期間内にどれ程通う頻度があるか考えてから買うと良いでしょう。

最後に

今回は吉野家で安く食べれる方法をお話ししました。

クレジットカードで支払えないデメリットを電子マネーでお得に払える点が電子マネーの需要の高さを感じさせます。

また優待券の恩恵がかなり大きいので株さえ買えば優待券で実質ただ飯を食べれる事も可能です。

-食費

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.