円安・円高とは?株価への影響も?

投稿日:

外国株をやってるとものすごく円安・円高が気になります。

外国株を買うにも円をドルにしないといけないですし外国株を売ればドルですのでドルを日本円にする時は円が安い方が円にした時、沢山円が手に入ります。

円安・円高はただ為替に影響するだけではなく株価にも影響を及ぼすことがあります。

今回円安・円高についてお話しします。

スポンサーリンク

円安・円高とは?

円安・円高とはドル側から見て1ドルを円に換金した時の円の上がり下がりを差します。

円安になると1ドルを買うのに大金が必要になり、円高になれば1ドルに必要な円が少なくなります。

例えば1ドルが今100円だとします。

翌日1ドルが101円になれば円安になり逆に1ドル99円になれば円高になります。

このようにドル側から見て円を安く買えるか高く買えるかと言う観点になります。

円高・円安になる要因

円高になる要因として輸出輸入業が絡んでるのかと思われます。

例えば日本製の商品を海外に輸出してビジネスを広げるとします。

日本製のものを海外に輸出して買ってもらえればドルが貯まっていきます。

貯まったドルは日本円にしなければいけないので日本円を買います。

この輸出ビジネスが増えることになれば円を買う事が多くなり、円の価値が高まり円高へとつながっていくわけです。

また自分が外国株を買うのと同じように海外の人が日本株を買ったりFXで外貨を日本円に変えたりと何かしらのきっかけで日本円を買う動きが増えることで円の価値が上昇していきます。

日本に来る旅行客が増えれば日本円が利用されるのでこれも円高へとつながっていきますね。

ちなみに円高に似た値動きとしてドル安と言うのがあります。

ドル安だと円高の逆でアメリカ製品の輸出がうまくいかなかったり、ドルの利用がなくなる事でドル安が起こりドルを日本円で買おうとすると円高になったかのように高くなります。

最近の出来事だと米中貿易戦争によってお互いに輸入商品に追加関税を付けた事で輸出、輸入をお互いやりにくくなってしまいドル安を引き起こしました。

円安はその逆で日本製が海外で売れなかったりすると円安が起こりやすくなります。

よく円安と言う言葉を聞きますがアメリカが世界の中心にいると言っても過言ではなくドルの方が利用価値が高い事からドル高円安になっているのかと考えます。

株価への影響

円安だと株価が上がり円高になると株価が下がる傾向があります。

なぜこのような事がおこると先ほどの輸出、輸入にかかわる事ですが円安になって1ドル120円、130円と上がっていけば海外に売りドルを円安の状態で円を買う事で日本円がたんまり手に入り輸出業の儲けが出てくるわけです。

輸出輸入と言えば車、原油、食品、道具類と様々なカテゴリーがあるわけですからそれらが海外で高値で売れれば業績向上になり株価の向上につながっていきます。

円高はその逆になりますが円高になると海外製の商品を安く輸入できることになりますのでそれを利用していけば円高でも株高にできるという事になります。

最後に

説明が分かりにくかったかもしれませんが円の価値で考えるよりかは世界で一番使われてる通貨はドルなのでドル高になる事が一番いいのかもしれません。

しかしそれでどんどんアメリカの力が増大して独壇場になる世の中が果たしていい事なのかが疑問です(汗)

株やFXをやらない人らからしたらよくないと思う人もいそうですが自分は株をやってるので株価が上がってくれるならばアメリカ中心でも文句は言わないと思います。

-

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.