出品先

ヤフオクの出品はもうかる?メリット・デメリット

ヤフオクと言えば昔からあるオークションサイトとして有名です。

自分も学生の時はいらないものは時々ヤフオクに売ってましたよ。

せどりで本格的な販売になるとamazonFBA一本になると思いますがヤフオクで売った方が良いケースもあります。

そこで今回はヤフオクで利用した時に感じたメリット・デメリットを話します。

スポンサーリンク

ヤフオクとは?

ヤフオクとはYahoo!オークションの略でYahoo!が提供するオークションサイトになります。

オークション形式で値段を釣り上げる販売がでますし、amazonの様に定額で販売することができます。

価値が分からいものに関してはオークション形式する事で価値を購入者側に決めてもらえるのが利点ですね。

人気で手に入りにくい商品程、オークションでは値が釣りやすいですね。

ヤフオクを使うには?

ヤフオクはYahoo!の会員になればだれでも利用できます。

Yahoo!会員は無料でなれますしヤフーメールも使えますので是非登録しておくと良いですよ。

ヤフオクはWEBとアプリ両方とも対応しており、スマートフォンからもPCからも利用できます。

Yahoo!プレミアムなら落札手数料が8.64%

ヤフオクには出品手数料がかかります。

通常会員だと手数料は落札金額の10%がかかりますがYahoo!プレミアム会員になっていれば手数料が8.64%に下がります。

Yahoo!プレミアムは月額で498円ですので毎月40000円近く売れば元はとれますね。

またヤフオクの手数料軽減だけじゃなくYahoo!ショッピングでも効果を発揮します。

通常買い物した額の100円に付きTポイントが1ポイントが貯まりますがそれが100円に付き5ポイントも貯まります。

Yahoo!ショッピングから仕入れるならぜひ入っておきたいですね。

Yahoo!ショッピングのポイント倍率がなんと5倍に!


Yahoo!プレミアムに登録する


/ ヤフオクの落札手数料も8.64%にダウンで料金はわずか月498円! \

 

デメリット

amazon、yahoo!ショッピングより安くしないと売れない

ヤフオクの知名度や利用者数を考えるとamazon、yahooショッピングよりかは低いです。

オークションサイトなのでいかに他のネットショップより安く売りだすかを意識しないと中々入札してもらえないですね。

ヤフオクで仕入れてAmazonで転売する人がいる位ですから価格勝負になる事は間違いないです。

利用客層が把握しにくい

amazonでは利用ユーザー最多という事で老若男女、メルカリは若年層ですがヤフオクって客層がちょっとつかみにくいですね。

若年層ならその人達が食いつく商品ってなんとわかるんですけどね。

昔からあるショッピングサイトだから中年層、でしょうか?よくわからないです(汗)

商品発送まで落札者とやり取りをしなければならない

amazonでしたら発送の連絡まで代行でやってくれるのですが、ヤフオクはそういうのは有りません。

落札から商品の到着まで落札者と連絡を取り合わないといけません。

しかしやり取りをすると言っても対応を進めたら発送状況のステータスを買えるだけでそんな面倒なものではないです。

面倒なのはトラブルが起こった時です。

自分はまだ経験してませんがメッセージを送る機能がありますのでクレームが来たら自分で対処する必要があります。

スポンサーリンク

メリット

成約手数料率が低い

amazonでは商品カテゴリーによって手数料率が異なりますが大体が10〜15%です。

しかしヤフオクではyahooプレミアム未加入一律で10%、yahooプレミアム加入で一律8.64%です。

少額だと大した差では有りませんが、高額商品だと1%でもでかいですからね。

更にハピタスと言うポイントサイト経由で利用すればハピタス側でも出品した商品価格の1%がポイントとしてバックされるのでプレミアム加入なら実質成約料が7.64%まで下がります。

ハピタスのポイントバックはamazon販売では対象外ないのでヤフオクならではの特権です。

取引後に落札者から評価されることが多い

ヤフオクでは商品を発送し終えたら落札者、出品者共に相手を評価する事が出来ます。

よほどひどい対応をしない限りは相手から高評価をもらえる確率は高いです。

それで高評価が多ければ信頼も高くなるのでより入札されやすくなります。

Amazonでは購入しても中々評価してもらえないのでヤフオクと言えども評価してもらえると嬉しいし、悪い評価をもらえれば今後の改善に活かせるので評価はありがたいです。

ゆうパックおてがる版の送料が安い

確かにゆうパックの運賃の値上げはされましたがヤフオクで指定できるゆうパックおてがる版の値上げはされませんでした。

60サイズの送料はわずか480円!

しかもゆうパックおてがる版は宛先記入不要でローソンでも対応してくれます。

ワンコイン以下の格安送料、宛先記入不要、24時間営業のローソンの発送対応、
これは出品者にとってはありがたい配送サービスであることは間違いないです。

(2019/2/15追記:ゆうパックおてがる版の送料は60サイズ600円に値上がりしました)

ヤフオクの効果的な使い方


ヤフオクで出品しやすい商品

基本的にはAmazonで販売するのが良いのですがAmazonでは商品カテゴリーによっては手数料が高かったり、出品が禁じられてたりしてます。

上記の4つなら送料はクリックポスト規格外の定形外郵便を利用すればAmazonの配送代行手数料を気にせず安く発送ができます。

特にジャンク品は利益は多く取れるのにAmazonでは取り扱えないのでヤフオクで積極的に出品していきましょう。

Amazonは手数料の高さに辟易としているのでAmazonの欠点をヤフオクが補うという形で利用するのが理想です。

最後に

成約料の低さとゆうパックおてがる版の安さを考えると商品によってはヤフオクで売った方がよさそうです。

デメリットが気になりますが大事になった事は今までありませんでしたので慣れてきたらyahooプレミアムに加入して成約料率を下げていくのが良いです。

amazonでうまくいかなったらヤフオクを利用するなどせどりをやる上で必要な販売サイトの一つと言えるでしょう。

Yahoo!ショッピングのポイント倍率がなんと5倍に!


Yahoo!プレミアムに登録する


/ ヤフオクの落札手数料も8.64%にダウンで料金はわずか月498円! \

-出品先

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.