その他の節約

白ロムを買ってスマホの本体代を節約しよう

スマホは買いたいけど携帯会社の契約プランを見ると月7000円程して中々踏み出せないと思います。

以前紹介した格安SIMでも端末代は高いっちゃ高いんですよ。

そうするとやはりスマホは高い物だと思いがちですがスマホの本体は買えるんです。

そして格安SIMを買って設定する事で携帯会社で契約した時と同じようにスマホを使えるんです。

今回はスマホの本体を買う事で節約する方法をお話しします。

スポンサーリンク

白ロムとは?

なにも契約されておらず、SIMカードがないスマホ本体の事を白ロムと呼びます。

この白ロムに格安SIMを差して設定すればスマホでネットや電話を使う事ができるのです。

赤ロムに要注意

ちなみに白ロムとは別に赤ロムと言う言葉があります。

赤ロムは支払いが済んでいない、残債が残ってたり紛失盗難により購入者からキャリアへ機能を止める様届出があった端末の事です。

赤ロムの特徴としてはネットワークが制限されている為、SIMカードを差しても利用する事ができません。

基本店に赤ロムが出回っている事はほぼありませんがネット販売では赤ロムの可能性がある事を注意してください。

赤ロムかどうか調べるには製造番号(IMEI)を調べ、その端末のキャリアのサイトからIMEIを入力してネットワーク判定を調べます。

調べた結果「〇」となれば白ロムという事が分かります。

端末のキャリアもチェックしよう

格安SIM SIMロック解除
国内SIMフリー 国内全てのSIMカードが利用可能 不要
Docomo Docomo回線のSIMカードのみ利用可
au au回線のSIMカードのみ利用可
softbank softbank回線のSIMカードのみ利用可
海外キャリア 海外キャリア回線のSIMカードのみ利用可

端末のキャリアはいくつかあるのですが格安SIMでも提供会社によって三大キャリア別の回線を提供しています。

例えば、Docomo回線の格安SIMを使うならSIMフリー端末かDocomoキャリアの白ロムでないと使えません。

その為、白ロムを買う前に自分が使いたい格安SIMの回線キャリアを調べてからそのキャリアに適した白ロムを買う必要があります。

ちなみに海外キャリアの白ロムは海外回線のSIMカードのみですが日米間で使えるHanacell(ハナセル)というSIMカードならSIMロックを解除してあげれば日本でも海外キャリアの端末を使えます。

しかしその部分はややこしいので基本的には海外キャリア以外の国内端末を選ぶようにしましょう。

またSIMロック解除という言葉がでてきました。

SIMロック解除とは例えばauの端末はau回線のSIMカードしか使えず、特定のキャリア回線しか使えない状態をSIMロックと言います。

しかし有料にはなりますがキャリア店に行ってSIMロック解除をすればDocomo、Softbank回線の格安SIMも使えるようになるという事です。

最初からSIMロックが解除されている端末はSIMフリー端末と言います。

当然SIMロックが解除されている端末は他の端末より割高です。

白ロムのメリット

安い

白ロムの良い所は価格の安さです。

販売先はネットショップや中古スマホの販売店になっていくのですが価格の安さです。

4インチスマホとして未だに人気のあるiphone seなんかは20000円で買えます。

一見高そうに見えますが、格安SIMの提供会社が販売している端末は30000円とか50000円とか平気でします。

またキャリア別によって価格も違ってくるので自分が利用したいSIM会社を考えながら安い端末を選んで行けます。

たくさんの端末から選べる

家電量販店や携帯ショップですと基本的に新しめの端末しか売っておらず2年位前の端末は販売をしていません。

ぶっちゃけスマホは2~3年前のでも全然動きが軽快な端末は多く、それで価格が安いという事に特徴があります。

最近のスマホは確かに性能もいいのですがサイズがでかいです。

少し前のスマホは片手で持ちやすい小さめのがありましたので持ちやすさで選んで買えるのが白ロムの良い所です。

白ロムのデメリット

新品の入手が難しい

白ロムと言うのは契約が無い状態の端末の為、誰かが購入して使用した後のコンディションが多いです。

たまにほぼ新品と言うのを見かけはありますが未使用というのは中々見かけません。

どうしても未使用新品が欲しければ諦めて携帯会社で契約する他ありません。

素人には手を出しにくい

序盤で話した赤ロムや格安SIMやらキャリア回線等々、聞きなれない言葉が多いので白ロムや格安SIMを全く知らない素人が手を出そうとすれば結局SIMカードを差してもスマホが使えずにお金をドブに捨てる結果になります。

あまりよく分からなければスマホデビューはいきなり白ロム+格安SIMでやろうとせずY!mobileの端末セットから始める事をお勧めします。

Y!mobileはMNPスマホセット購入の3GB+音声通話プランなら月2000~3000円程で済みます。

おすすめのキャリア、端末

昔はDocomo回線の格安SIMしかどこも提供していなかったのでDocomoか、SIMフリー端末しか選択肢がありませんでした。

今ではau、softbank回線の格安SIMも提供されるようになり、au、sofbankの端末も買う選択肢があります。

昔のなごりが残っていていまだにDocomoとSIMフリー端末が高い傾向にありますのでauかsoftbankの白ロムをかい、auかsoftbank回線の格安SIMを買う事をお勧めします。

端末は何が良いか人それぞれになりますが自分は4インチスマホのiphone SEがおススメですね。

ApplePayはSE単体では使えませんがAppleWatchシリーズ2以降と連動させれば使う事ができます。

格安SIMはsoftbank回線があるLINEモバイルが良いです。


最後に

白ロムの購入がスマホ代の節約になる事をお話ししました。

携帯端末のシステムやルールが複雑になっているので白ロムや格安SIMの組み合わせ等、素人には手が出しにくい話になってしまいました。

いきなり全部飲み込むのは難しいので最初は白ロムの事を学んで次に格安SIMの事を覚えて問題なければ白ロムと格安SIMを買ってみると良いでしょう。

-その他の節約

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.