その他の投資・副業

定期預金はおススメしない!特徴と理由を紹介しよう

リスクを背負わずお金を得る方法と言えば定期預金

銀行にお金を預けるわけですので当然リスクなんてあるわけがないのですが自分は定期預金はお金稼ぎには向かない投資方法です。

それにはいくつか理由がありますので今回はその事をお話しします。

スポンサーリンク

定期預金の種類

  • 定期預金
  • 積立定期預金
  • 仕組預金
  • 外貨定期預金

定期預金の中でも種類があります。

どれも定期的にお金を預ける事には変わりありませんが、金利、預入期間、預入金額が異なってきます。

定期預金

特徴

  • 金利がそれ程高くない
  • 途中解約はしやすい
  • 最低預入金額は低い

定期預金の中でポピュラーなのが途中解約しやすい定期預金です。

最低預入金額は銀行に寄りますが1000円位から預金が可能です。

金利も銀行に寄りますが年0.083%程が平均の様です。

例え100万円を預けたとしても年830円しか金利が無いという事です。

少なすぎですね…

また解約もできますが金利が下がるペナルティもありますね。

預入金額が低いから少額でもやれますがそれでも金利の低さや途中解約での金利の低下が気になります。

積立定期預金

ポイント

  • 毎月お金を積み込み続ける
  • 金利は低め
  • 途中解約可能

積立定期預金は貯金が苦手でつい使いすぎてしまう人の為に毎月指定した金額をコツコツ定期預金へ積立てていきます。

金利は年0.05%程が平均的で定期預金同様金利がかなり低いです。

積立定期預金は毎月自動で普通預金から定期預金へお金を移動させる自動積立預金を提供している銀行が殆どです。

貯金を増やすことが目的ですが使いたいお金を使う事ができない定期預金へ移してストレスがたまらないか心配ですね(汗)

仕組預金

特徴

  • 金利は高い
  • 途中解約はできない

定期預金の金利に不満がある人向けの定期預金です。

金利は年0.2%超が平均でようやくまともな金利になってきたという印象です。

ただ金利が上がるだけならよかったんですけど原則途中解約ができません。

あまり資金を投入しすぎると途中で資金が必要になった時がかなり不便です。

もし仕組み預金を利用するなら、その資金がつかなくてもいい余裕資金で投資するとよいでしょう。

外貨定期預金

特徴

  • 金利が高い
  • 途中解約が難しい
  • 為替変動リスクがある
  • 為替の売買に手数料がかかる

外貨定期預金は外貨を買い、その外貨を定期預金口座に預けることで高い金利を受け取れます。

金利は購入する国の通貨によりますが例えば米ドルであれば年2~3%の金利が受け取れます。

今まで小数点の金利であまり魅力を感じませんでしたが外貨では国内の定期預金よりけた違いの金利ですね。

確かに魅力的ではありますが途中解約が難しいのと為替の変動リスクがあります。

例えば日本円を外貨にする際は外貨が安い時に買い、外貨を日本円にする時は日本円が安い時に買うことで金利以外でも得します。

もちろん外貨を買ってその後、円高が続けば運用が終了しても円が高い時に円に買えれば外貨を買う前の円の額より少なくなり損します。

本来、リスクを取りたくないから定期預金にするのにリスクがあるなら投資したくないですよね。

さらに外貨を売り買いするのにも手数料がかかります。

銀行によって手数料は異なりますので自分が得られる金利と手数料を計算して割に合うのかチェックするとよいでしょう。

定期預金を全くやらない訳

金利が低すぎる

株の配当利回りを知ってしまってるので定期預金の金利なんてスズメの涙程度だと思ってしまいます。

今定期預金の平均金利は年0.1%にも満たない0.083%で金利の高い楽天銀行でも0.21%になります。

0.21%だと例えば1000万を預けたとします。

しかし年間得られる金額はたったの21000円です。

それだったら自分はリスクを負っても配当利回りの高い外国株を買います。

つまらない

株、仮想通貨だとチャートを見たり銘柄の情報をチェックしたりと調べることに楽しさがあるのですが定期預金はただほったらかしにするだけなので面白みがないと言うのがあります。

株価が上がり下がりして配当、優待を貰ってと一喜一憂するスリルが欲しいものです。

定期預金の事を調べて後々分かった事があった

定期預金は銀行にお金を預けて金利を得るわけですから基本預けたら決められた期間で定期預金を辞める、すなわち途中解約ができないものかと思ってました。

自分ができないと思っていたものは仕組定期預金と言うものでそれができないみたいで仕組定期預金以外は途中解約をペナルティ無しで出来るみたいです。

しかし途中解約した場合の金利は当初よりも下がるようです。

でも途中解約の手数料がかからず無料で解約できるだけありがたいですね。

そう意味だと貯えを元手にノーリスクで確実に増やせるって事なんですよね。

低リスクでいつでも売買できる投資商品

おすすめ投資商品

定期預金は金利が低く途中解約でペナルティがあったり、途中解約ができなかったりと株のような下落リスクがない分、魅力としては薄いものです。

リスクは背負いたくないけど投資はしたいという考えの人もいると思います。

そんなわがままな人には二つの投資商品をお勧めします。

一つ目は株主優待株です。

株なので下落リスクはありますが株を持ってるだけで株主優待を手に入ります。

下落があったとしても優待でカバーできますし株価が上がれば二重で得します。

資金は銘柄によりますが10~20万ほど必要です。

もう一つはADRで他国の株を米ドルで買えるちょっと変わった投資になります。

ADRの魅力は配当金がもらえるのですがその配当利回りが年5%以上の銘柄が沢山あります。

その上、時価総額が高い大企業が多いので安心して投資ができます。

配当金は現金還元なので株主優待より使い道が多いのも魅力です。

最後に

定期預金をやらない訳を書きましたが本来ならリスクを抑えてやった方が堅実で良いと思います。

自分は結局無難な道と言うのはできない思考の様で後先考えないスリルな投資の方が好きなんです(笑)

結果的に人によって定期預金はお金を増やす為の投資の一つになりうるでしょう。

-その他の投資・副業

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.