時間の節約

話が長いと時間がもったいない!手短に話を済ませる方法2選

時間の節約では会話もあります。

友人や家族との楽しい会話なら別ですが予約の電話や仕事仲間との連携、プレゼンテーション等、話に時間をかけれない場面はあります。

特に仕事の最中では忙しいわけで電話対応でも話を手短に済ませ、業務を行える時間に回したい所です。

今回は時間の節約として話を手短に済ませるコツをお話しします。

スポンサーリンク

5W1Hを使う

5W1Hとは?

When:いつ
Where:どこで
Who:だれが
What:なにを
Why:なぜ
How:どのようにして

発言する時は何のためにと言う要件、目的を相手に理解してもらう事が重要です。

ここを相手に理解してもらわなければいくら話続けてもゴールまでたどりつけません。

話すときは今一度5W1Hを意識して簡潔に話すことが大事です。

基本的に相手にわかってもらいやすい言い方は具体的な言い方よりも簡潔な言い方だと考えます。

ですので5W1Hを言えば自然と簡潔な話で済ませることができ、会話時間を短縮する事ができるでしょう。

図や表を使って話をする

5W1Hを意識しても口下手な人では中々難しいと思います。

自分も口下手で言葉だけで何かを伝えるのは本当苦労します。

そういう時は言葉だけでなんとかするのではなく図や表を使って説明をしましょう。

図や表を作るのに時間がかかるかもしれませんがそれらを使った方が相手もわかってもらいやすくなります。

自分でよくやるケースは待ち合わせの駅を確認する時に駅内の撮った写真を送って理解してもらうようにしてます。

なにより話を理解してもらえず相手をイラつかせない点では有効なやり方です。

最後に

話が苦手な人ではうまく伝えれなかったり話が詰まったりと会話を手短にするのは難しいと思います。

今回紹介した5W1Hを意識したり、図や表を使った説明をやってみたりと自分のやりやすい話し方で長くならない会話をやってみましょう。

-時間の節約

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.