せどり

スマホ、タブレット端末せどりを何故やらないのか?

更新日:

今なお需要のあるアイテムとしてスマートフォン、タブレット端末があります。

需要があるからこそ売れる、すなわちせどりにはもってこいのジャンルでしょう。

しかし自分はスマホ、タブレットをせどりにするとしてもスマホ、タブレットには色々と面倒な部分があるので仕入れる事が難しいのです。

今回はなぜスマホ、タブレット端末のせどりをやらないのかお話しします。

スポンサーリンク

白ロム・赤ロムの判別

スマホ、タブレット端末ではちゃんと使えるか確認の為にまず端末が白ロム赤ロムかを確かめる必要があります。

白ロムとはSIMカードを抜いた状態で携帯会社の契約を解約してるスマホ・タブレット端末の事をさします。

SIMカード内には電話番号や携帯会社の契約情報がありますので契約済みのSIMカードをスマホ・タブレット端末に差せば電話やネットワークが使えるようになります。

赤ロムは端末を毎月分割で購入している場合で支払い中に端末を売却し、更には分割代金を支払わない場合、
ケータイキャリアはその端末自身をネットワーク制限をかけ通信出来ないようにします。

この状態を赤ロムと呼びます。

ネットワーク制限がかかっていると通常、白か黒の電波マークが赤になり、SIMカードを差しても電話やネットワークの利用ができません。

赤ロムか白ロムの判別は電源を入れないと判別がつかない所もせどりとして厳しい所があります。

店に売り出されているのは白ロムしかないみたいですが100%の保証はありませんからね。

万が一赤ロムだったら即返品ですからまた行ってきた店に行かなきゃいけないのが面倒くさすぎです。

他にも確認するところはある

おもちゃせどりでもそうでしたが付属品の欠品が無いか確認しないといけません。

まぁこの辺はそれほど大変ではありませんが端末系で気を付ける箇所はバッテリーです。

バッテリーと言うのは消耗しやすいので一度使ってみてどの位でバッテリー切れするのかを確認しないといけません。

もしこれが使ってすぐ切れる様な位、消耗していたら中古品として出せないので返品するかジャンク品で出すしかないです。

中古品ですとある程度使用されてる状態ですからバッテリーが良い状態か悪い状態かは運しだいになります。

結局返品になる要素が多い

赤ロムとバッテリー消耗の2つによって返品になる確率が他のジャンルに比べて少し高い気がします。

また電子機器系はメーカーによって中古品の出品規制が多いです。

Amazon FBAの手数料率は8%と低めなんですが返品リスクの高さからちょっと扱いづらいですね。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.