仕事が忙しい会社員でもリアルタイムで株取引を行う方法4選

株取引は土日はやっておらず平日しかやってません。

日本株については基本、平日9:00~15:00という事で会社員だと取引が難しいと思います。

しかし今ではインターネットで対応しており、ますます株取引で便利なサービスが増えてきてます。

今回は仕事が忙しい会社員でも株取引を行う方法をお話しします。

スポンサーリンク

忙しくても取引できる方法

指値注文を使う

確かに株取引は平日9:00~15:00までなんですが時間外に指値注文を入れて予約する方法があります。

例えば土曜の21:00に指値注文をすれば翌営業日、すなわち月曜の9:00で指値注文で指定した価格の条件が満たせれば自動的に注文されます。

翌営業日注文になりますのでその間の株価変動には弱いですが時間外に注文しても処理してくれるのでありがたい注文方法です。

成行注文では対応していません。

PTS(時間外取引)を使う

PTS対応証券会社 取引時間
SBI証券 ・8:20 - 16:00
・17:00 - 23:59
楽天証券 ・8:00 - 16:00
・17:00 - 23:59

PTSとは時間外取引の事で通常9:00~15:00の取引ですがPTSでは通常時間外でも株取引を行える機能になります。

8:20から対応なら通勤途中で取引できますし17:00~23:59なら家に帰った後、ゆっくり取引ができますね。

またPTSを使った場合の取引手数料は通常時間の手数料よりも若干割安な点もお得です。

PTSは指値注文しか対応しておらず、銘柄も一部対応していないのもありますので注意しましょう。

スマートフォンの株アプリで取引する

ここ最近証券会社はWEBだけではなくスマホで取引用のアプリを提供しています。

これによってスマホさえあれば取引時間内であればいつでも取引できるようになりました。

会社員と言っても5分位の小休止やトイレ休憩はあるでしょうからそのタイミングでスマホからサクッと取引してしまえばいいのです。

手軽にアプリやネットが使えるスマホはやっぱり最強ですね。

米国株を利用する

取引時間(日本時間)
サマータイム(夏時間) 22:30 - 5:00
ウィンタータイム(冬時間) 23:30 - 6:00
米国株取り扱い証券会社
・マネックス証券
・SBI証券
・楽天証券

日本株ではありませんが米国株はアメリカ時間で取引ができます。

サマータイム(夏時間)では日本時間で22:30~5:00、ウィンタータイム(冬時間)では23:30~6:00まで対応しています。

さらにカレンダーもアメリカ基準になりますので日本が祝日でもアメリカが休日でなければ取引時間に通常通り米国株が取引できます。

逆に日本が平日でもアメリカが祝日だと米国株の取引はできませんので注意しましょう。

米国株ではドルでの取引になりますので日本円をドルに変えないといけないので少し面倒ではありますね。

また手数料や税率も日本株とは異なります。

最後に

今回は帰宅が遅い会社員でも株取引を行える方法をお話ししました。

自分も半年前まで会社員をしてたんですが帰りが遅くなることもありましたが上記の方法を実践すると会社員でも余裕で株取引を行う事ができます。

米国株も日本株とはまた違う魅力がいっぱいありますので興味がありましたら是非取引してみてください。

-

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.