配送サービス

せどりではなぜスマートレターが使われないのか?

更新日:

日本郵便の配送サービスの一つスマートレター。

CD・DVDと言った小型サイズを送るのに適している様ですが自分はせどりでも使った事はありません。

なぜ使わないのかサービス内容を確認しつつ、お話しします。

スポンサーリンク

スマートレターとは?

スマートレターは、日本郵便が提供するサービスの一つ。レターパックと同様に専用の特定封筒による「特定封筒郵便物」である。制度上の正式名称は「小型特定封筒郵便物」。

2015年4月3日にサービスが開始された。発売当初、専用封筒は東京都での発売に限られ[5][6]、5月11日に埼玉県、千葉県、神奈川県、静岡県に、6月15日に愛知県及び大阪府に販売地域を拡大した[7][8]。全国発売は2015年8月3日[9]。

郵便料金は180円[5]。封筒の大きさは縦250mm、横170mm。重量制限は1kg、厚さ制限は2cm[5]。重量及び厚さ制限を超えている場合は差し出すことができず、ポストに投函した場合は返送される。配達先では郵便受けに配達する。

レターパックとは異なり、郵便物の追跡サービスには対応していない[5]。又、差額分を払ってレターパックライトやプラスとして使用する事も出来ない。

出典元:wikipedia

スマートレターの特徴

スマートレターの特徴としてはこの3つがポイントになります。

ポイント

・料金が180円
・サイズ
・信書が送れる

料金が180円と言うのは切手代ではなく専用箱の料金になります。

箱の販売先は全国の郵便局、コンビニエンスストア、郵便局のネットショップでお買い求めができます。

サイズはA5サイズ程度で厚さ2mmだと主にCD,DVDを送る時に使えます。

信書は似た配送サービスのゆうメール、ゆうパケット、クリックポストでは送れないのでスマートレターの強みではありますね。

送り方は宛名を書いたら商品をスマートレターの箱に入れ、郵便局の窓口か郵便ポストに投函して完了です。

スマートレターの注意点

スマートレターの注意点は下記になります。

注意ポイント

・速達不可
・追跡サービス無し
・休日の配達は無し
・国際便不可
・事故時の損害賠償なし

結構オプションサービスの様なものはなく速達や休日対応が行われてない点からスピード感が鈍いと感じます。

また追跡サービスも無い為、配達状況が分からないのも不安です。

せどりでスマートレターを利用しない訳

専用箱をわざわざ買わなきゃいけない点ですね。

封筒ならクリックポスト、定形外郵便等、包装として利用機会が多いので家での常備は自然な事ですが、スマートレターの箱はスマートレターだけしか使えないので不便です。

値段は180円と確かに安いっちゃ安いんですけど5円高くして対応サイズが大きく追跡サービスがあるクリックポストの方が手軽なのでスマートレターは利用しないですね。

最後に

今回スマートレターの事を調べた上で利用しない訳をお話ししました。

せめて箱が封筒でもOKとかなら利用機会はあったのかもしれませんが対応サイズが小さく、追跡サービスなし、休日の配達対応が無いとデメリットが目立ちます。

今後サービス内容や料金の見直しで使いやすいサービスになる事を祈ってます。

-配送サービス

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.