ファッション用品

靴代の節約方法!靴屋にはいくな

更新日:

靴はファッション用品の一つなので中々安く買えません。

4000円、5000円なんて当たり前ですもんね。

しかし節約命の自分は色んな店を回り、靴を安く買える店を見つけました。

今回は靴代の節約についてお話しします。

スポンサーリンク

靴屋は基本NG

靴屋で買うから高いお金を払っちゃうんですよね。

有名店だとABC-MARTでしょうか。

後はショッピングセンター内にある靴屋なんかも高いですね。

ぶっちゃけ自分も知識がない時は靴屋で買いに行ってました。

今思うと考えられないわけですが。

カジュアルな靴とか高いのだと8000円以上とか平気でしますからね。

ビジネスシューズも非常に高いのでお勧めしません。

確かに靴屋はどこも高いのですが唯一、東京靴流通センターは靴屋の中で安いです。

ビジネスシューズが3000円、カジュアルスニーカーが2000円と普通の靴屋と比べたらはるかに安いでしょう。

靴が安い店

・ホームセンター
・作業服店
・ディスカウントストア
・リサイクルショップ
・西友

結構男くさい店でも靴は安く買えます。

ホームセンター、作業服店はスニーカーしかありませんがその分、コスパは半端ないです。

スニーカーの中にはオシャレなカジュアルスニーカーも売っていて1300円で買えてしまいます。

ディスカウントストアは主にドン・キホーテ、Olympicを差します。

何でもあるイメージがありますが価格も安めで靴についても良いデザインの物を安く提供しています。

リサイクルショップでは使用済みの中古品になってしまいますが、明らかにこれ高いんじゃないか?というような靴でもものすごく安く売られてます。

普段は格安のスニーカー、人と会う時はオシャレな靴で使い分ける

自分はただ出かけるだけなら1000円で買ったスニーカーを使い、高い靴は人と会う時だけに使うようにしてます。

靴は使う程、痛んできてボロボロになります。

高い靴は長く使いたいものですから利用頻度は抑えたいですよね。

スニーカーならダメになっても1000円ならまた新しく買い替えればいいですからね。

いかに安い靴を利用し、高い靴の利用を抑えて節約していくかがカギになります。

最後に

靴屋では節約が難しいという事で意外な結論になりました。

靴屋はデザインやこだわりがあるからこそ値段が高くなるんですよね。

自分が紹介した節約方法はデザイン重視ではありませんが安い店を複数まわってその店特有の靴を持つ事でデザイン面を補えるかと思います。

-ファッション用品

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.