投資用銀行

楽天銀行の預金金利を追ってみたが普通預金金利が優秀な件

楽天銀行は楽天カードや楽天証券の絡みでシステムが複雑です。

今回は楽天銀行の預金金利を追ってみたいと思いますがこれも楽天カードや楽天証券を取り入れる事で金利が異なってくるのでややこしいです。

最後までお付き合いいただけると幸いです。

スポンサーリンク

普通預金金利について

普通預金金利

・通常時:年0.015%
・マネーブリッジ利用者:年0.079%
・楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に指定した場合:年0.031%

普通預金金利は普通の銀行でもせいぜい年0.001%が平均的かと思います。

ですが楽天銀行では通常時でも普通の銀行の15倍の年0.015%をほこります。

そして楽天証券の口座を持ってる事で利用できるマネーブリッジを利用している人は年0.079%です。

楽天証券は株、FX、投資信託を行う為の証券会社ですがマネーブリッジを申し込む為に口座開設するのも有ですね。

普通預金金利で年0.079%はかなり高金利で100万預けても年790円しか金利をもらえませんがされど年790円ですからね。

ノーリスクで年790円は普通においしいと思いますよ。

定期預金金利について


定期預金金利について調べてみました。

最低投入額は7日と14日のみ100,000円以上1円単位で他は1000円以上1円単位になります。

なぜか6月だけは0.12%と高いですね。

この金利は20.315%の課税がかかります。

年利の高さは6ヶ月コースと資金お引越し定期以外は普通預金よりちょっと高い方ですね。

むしろマネーブリッジや楽天カード利用者の普通預金金利に負けてる期間もあります。

他行口座から楽天銀行に振り込む事で金利がもらえる資金お引越し定期は面白そうですね。

楽天エクステ預金について


楽天には楽天エクステ預金と言う満期特約定期預金があります。

その種類は2つあり固定金利と年ごとにあがっていく変動金利があります。

まるで住宅ローンみたいですね。

こっちの定期預金の方が金利は高い分、途中解約すると元本割れを起こすリスクがあります。

元本割れとは?

投資した金額より返却額が減ってしまう事です。

実質途中解約は難しいと言っている様な状況下で10年引き出せないのは辛すぎます。

金利も正直これだけ預金させながらあまり高いとは思えないです。

マネーブリッジ利用の普通金利の方が自由さはあって良いと思ってます。

外貨預金金利

外貨預金金利もまとめてみました。

基本的にドルの為替手数料と普通預金金利と定期預金金利を中心として見てるのですが、為替変動リスクを見れば普通預金金利はかなり少ないと考えます。

なにせ為替手数料が片道1ドル25銭ですので往復で50銭となると1ドル110円と考えて投入金額の0.45%は為替手数料で持ってかれるわけですからね。

それで普通預金金利が0.01%では全く元が取れません。

やるのであれば定期預金を1年以上やるのが良いかと。

それでも金利も課税で引かれますし為替変動を考えるとあまりお得感はないですね。

もう少し為替手数料を安くしてもらえれば運用しやすいと思うんですけどね。

南アランドの金利がすごい高くてお得そうに見えますが南アランドは1南アランド=8円なので為替手数料からして実に7.5%の手数料がかかる事になります…

最後に

楽天銀行の預金金利について探ってみました。

結論からにしてまぁ普通金利以外は触らない方が無難です。

というか普通預金金利が優秀過ぎます。

ただそのまま預けているだけで最低でも年0.015%ももらえるのはかなりおいしいです。

楽天銀行はぶっちゃけ金なる木と言うイメージが似合いそうです。

-投資用銀行

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.