せどり

ラクマ出品はおすすめ?使ってみた感想

投稿日:

楽天にはフリマアプリ「ラクマ」があります。

フリマアプリと言えばメルカリが有名ですがラクマも中々使いどころがあります。

そこにはメルカリと差別化されているラクマならではの特徴があるからです。

今回はラクマを実際使った経験からラクマの特徴についてお話しします。

スポンサーリンク

ラクマの特徴

出品方法

ラクマの出品方法はPC、スマホ両方対応しておりこれらの必須項目を決めることで出品ができます。

必須項目

・商品画像
・カテゴリー
・商品の状態
・配送料の負担
・発送日の目安
・発送元の地域
・商品名
・商品説明
・商品価格

他にも必須項目以外ではブランド、配送方法、購入申請と3つの選択欄がありますので選択可能でしたら選びましょう。

ここの辺の記入項目はメルカリと殆ど同じでした。

手数料

販売手数料は商品カテゴリー関係なく3.5%になります。

メルカリ、ヤフオク、Amazonと比べるとずば抜けて手数料が低いです。

昔は手数料無料だったのですが2018/6/4より手数料が改定されました。

配送方法

ラクマにはかんたんラクマパックと言う配送方法があります。

その中でも日本郵便版、ヤマト運輸版に分かれています。

かんたんラクマパックの日本郵便はゆうパケット、ゆうパックが対象で通常のゆうパケット、ゆうパックより料金が安く宛名書きが不要です。

ヤマト運輸版はネコポス、宅急便コンパクト、宅急便が対象でこちらも通常のより料金が安く宛名書きが不要です。

売上金の受け取り方

商品が売れたら売上金を受け取ります。

売上金は銀行振込か楽天チャージに変換する方法の2種類があります。

銀行振り込みでは振込申請が必要で売上残高が1000円以上ないと申請ができません。

また銀行振り込みでは振込先や振込金額によって手数料がかかります。

使ってみた感想

操作はメルカリと殆ど変わらないので慣れる点はありますが利用者が少ないのかすぐに売るのが難しい印象でした。

手数料は圧倒的に低いものの振り込み申請の手数料がかかるのはちょっと痛いです。

またかんたんラクマパックはヤフオクではおてがる版、メルカリではゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便と独自で提供している配送サービスがあるのですがそれと比較するとやや料金としては高いので振込手数料と配送料の高さで手数料の安さの意味をなさなくなります。

しかし売上残高が1000円以上あれば振込申請できるのでハードルの低さはあります。

メルカリは使いたくないけどスマホで出品したい人、楽天銀行を持ってる人にはおすすできるフリマアプリだと言えます。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.