2018年で儲けた株と損した株を公開

2018年の株取引を振り返りとして2018年で儲けた株と損した株を公開します。

長期保有を浪速としてましたが今年は売買が多めでした。

スポンサーリンク

儲けた株

儲けた株は全部で4銘柄。

リターンはそんな大したことないですがイオンは1.5倍近く上げたので美味しいですね。

ファイザーはダウ平均工業株30種に選ばれてるだけ株価が安定してました。

今では40ドルを超えてたのでずっと持ち続けていればよかったです。

フィリップモリスは決算で株価が暴落する事を予想して待ってたのですがその予想がドンピシャであたり安いうちに買えました。

その後、ぐんぐんと上がって一時86ドルまでいったのですが徐々に下がり始め、購入時の価格まで下がってきたので利確させてもらいました。

たらればですが下がり始めた時点で売ればもっと儲かってたんですがピンポイントで売買するの苦手なんですよね(汗)

でもなんとか利確できて良かったです。

日本ギア工業はクオカード目当てで買ったのですが突然株主優待を受け取れる株数を100株から200株へ。

それなのに優待内容と金額に変更が無い為、変更後即売りました。

幸い売却時点で購入時よりも高かったので黒字で助かりました。

最後はイオン。

これも株主優待目当てで購入。

気づけば色んなスーパーがイオンの傘下に入りイオンがでかくなっていくと共に株価が上昇。

気が付けば1株2500円まで上がったんですが思ってたより株主優待であるイオンオーナーズカードを使う機会が少ないのと退職による資金確保のため、売却しました。

損した株

2018年は米中貿易戦争、トルコショックで外国株は株価が下がり気味な1年でした。

グラクソスミスラインは売却時は購入時より高いんですけど手数料で結局マイナスになってしまいました。

フィリップモリスを買いたくなったのでグラクソスミスラインは買って1ヶ月で売ってしまったのですが今は38ドル近くまで下がったのでむしろすぐ売って良かったです。

HSBCは大分下げましたねぇ。

特に悪材料があったわけじゃないのですが自分が高値で掴んじゃったんでしょうね。

徐々に下げてきて配当金の権利確定日に一気に下げ、それから株価が回復する見込みがなく最終的には2019年のNISAに割り当てる資金の為に全部売りました。

HSBCが一番お金かけてましたので儲けた株の利益と相殺してもマイナスになりました。

2019年に向けて

収入が全然食っていける状態じゃないのであまり投資の事は意識してないです。

寧ろ売る可能性の方が高いです。

もし食っていけるまで稼いだら引き続き高配当の外国株に投資して長期保有して利益を生んでいきたいですね。

-

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.