その他の投資・副業

ソーシャルレンディングをしてみた感想。意外にも面倒くさい?

更新日:

こんばんわ。

口座開設したものの全然活動していなかったソーシャルレンディングですが1つ、案件に投資してきました。

株と違ってよく知らない項目や言語が所々ありました。

今回はソーシャルレンディングをやって実際にやって感じたことを書きます。

スポンサーリンク

ソーシャルレンディングで出てきた言葉

募集総額

案件を成立させる為に必要な金額です。

募集総額に達すれば満額成立という事で投資運用が始まります。

募集総額に達さなくても成立する事がありますが案件自体キャンセルされる可能性があります。

担保

借り手が返済できなくなった場合に借り手から貸し手に株式や不動産を提供する事をさします。

借入期間

投資した金額を貸す期間になります。その期間が満了したら投資金額が返済されます。

途中解約は仲介会社の承認次第になりますのでできない可能性もあります。

保証

借り手が返済できなくなった場合、第三者が返済する約束を保証と言います。

ソーシャルレンディングでは、主に借り手企業が連帯保証人となることが多いです。

運用利回り

投資した金額のパーセンテージの数字が年間に還元されます。

数字が小さいほど還元率は低く、数字が大きいほど還元率は高いです。

利用した感想

投資した直後は早く募集金額が満額にならないかウキウキしてました。

マネオを使ってたんですけど募集期限があったものですから「早く満額になれ!」っていてもたってもいられませんでした。

投資前に利用規約や企業説明の資料みたいなのもあり、一通り読んだんですけど資料の文が長すぎて全部のみこめないです(汗)

ただ保証や担保の事を考えると安易に高利回りに飛びつけば良いって考えじゃいけない限り株と似ている気がしました。

投資運用期間は2年の案件ですが分配金は毎月ペースでもらえるようなので分配金を貰ったら別記事として報告したいと思います。

-その他の投資・副業

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.