仮想通貨

色々と話題のコインチェック。良い所、悪い所を紹介

投稿日:

こんばんわ。

2~3年前は少なかった国内の仮想通貨取引所も今では沢山あります。

正直取引所でも色んな特徴があってどの取引所が良いか難しいです。

自分は今、ビットフライヤーとコインチェックを利用しています。

今回はコインチェックの良い点、悪い点を紹介します。

スポンサーリンク

コインチェックとは?

Coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所サービス。マネックスグループ株式会社の完全子会社の仮想通貨交換業者である[1]。

(2018年4月現在、「みなし業者」で審査中[2])

出典元:wikipedia

コインチェックというとあの事件を思い出すのではないでしょうか(汗)

そうNEM(ネム)流出事件です。

あのニュースが流れた時はびっくりしました。

580億円分のネムが不正に流出されたわけですから。

自分はネムは持ってませんでしたがリップルをコインチェックで買ってました。

でもリップルも送金ができない状況になって今後どうなっちゃうのか不安でした。

今は送金もできるし、ネムの返済もできてるようですね。

マネックスグループの子会社になって再出発している様ですが8月の決算では赤字転落している様です(汗)

悪材料が目立つ取引業者です。

コインチェックの良い所

取り扱い仮想通貨が豊富

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、ネム、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、ライトコインの9種類の仮想通貨を買えます。

これだけの種類は国内の取引所ではそうそうありません。

仮想通貨をコインチェックに貸すことができる

コインチェックに仮想通貨を貸すことで利子を得ることができます。

貸し出す期間も設定でき、14日間年率1%、30日間年率2%、90日間年率3%、365日年率5%のコースがあります。

ビットコイン以外の仮想通貨は購入以外に増やす手段が少ないのでありがたいサービスですね。

注意としては最低10万円分以上で貸し出さないと受け付けてくれません。

悪い所

信頼性が低い

ネム流出の悪印象は未だ強く、決算も赤字、それだけでコインチェックを利用したい人は多くは無いかと。

自分がもし今から仮想通貨を買うとしてもコインチェックで買いたいと思わないです。

他の仮想通貨取引所もどんどん出始めている中でなにか大きな強みを出して少しずつ結果を出していかないと信頼性は上がらないでしょう。

最後に

コインチェックは取り扱いの仮想通貨の種類が多く、仮想通貨を貸し出せる点は良いですが流出の印象が強い業者です。

マウントゴックス事件の事を考えると風化されるのは最低3年ぐらいかな(笑)

ちょっとでもお得なサービスをどんどん提供して信用回復につなげていってほしいです。

-仮想通貨

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.